Browsed by
作者別: egev

【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】

【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】

結婚式が無事に終わったら、参列してくれた人に「お礼状」を出しておきたいもの。結婚式後は、式が終わった解放感と新婚旅行や慣れない生活でバタバタしがちですが、お礼状は是非押さえておきたいマナーです。今回は色々なお礼状の書き方を紹介したいと思います!【そもそも「お礼状」って必要??】結婚式に参列した後、心のこもったお礼状が届いて嬉しくなった経験はありませんか?逆に結婚式に行ったけれど、その後何の連絡も無いと「もしかして人数合わせだったのかな…」と悲しくなってしまうことも。

参列してくれる人は、お金をかけて時間をかけてお祝いに駆け付けてくれています。その御礼をきちんとした形で伝えることは大人として大切なマナーですよね。フランクな友達であっても、遠くの親戚であっても、感謝の気持ちは是非伝えましょう!【立場によって書き分けてOK!!】結婚式の「お礼状」いったいどう書けばいいの?と思った人は、相手の立場によって書き分けると内容を考えやすくなります。自分より目上の会社関係の人、親戚の人などには礼儀正しいきちんとした文面を書くようにします。

拝啓から始まり、時候のあいさつ、お礼、今後の抱負を述べましょう。新婚カップルに対して「これからも何か支えになりたい、協力したい」と思わせる内容にするのがポイント。差出人は二人連名で、結婚式をした二人からのお礼にすることが大切です。親しい間柄の場合はメッセージカードでも大丈夫。イラストや写真入りだと喜ばれます。砕けた内容でも感謝の気持ちをしっかり書いてくださいね。【特にお礼を伝えるべき人って??】結婚式で何かをお願いした人は、お礼状でもその件に触れておきましょう。

主賓やスピーチ、受付や二次会幹事、余興をお願いした人には、当日感謝の意を伝えていたとしても改めてお礼状で気持ちを伝えます。こういった人たちの協力があるからこそ、結婚式は挙げられるものです。結婚式のお礼状は、義務として考えたのでは内容が薄っぺらいものになってしまいます。大切なのは「感謝の気持ち」。受け取った相手が笑顔になるような素敵なお礼状を書けるといいですね!

まずは知っておきたい結婚式の引出物

まずは知っておきたい結婚式の引出物

結婚式をする時たくさんのことに悩みますが、その中の1つが引出物。最近はカタログギフトが増えてきていますが、カタログ1つとっても種類はさまざま。どんな物がゲストに気に入ってもらえるのか、喜ばれるのか、時間をかけて考えてしまいますね。何を贈るのか考えを巡らせる前に、まずは1度なぜこのような慣習があるのか知っておきましょう。起源は平安時代、宴の席で当時貴重だった馬を庭に引き出して贈ったこととされています。

やがて馬の代わりに武具、近代に入ると食器などの大きく重い物、といった形で贈り物の内容が変化していきました。現在では、貰い手の負担にならない質の良い物が選ばれています。地域によっては古くからの慣習に沿った品を用意する場合もあるため、両親にあらかじめ聞いておくと安心です。また、数については分けられない奇数で用意するのが一般的です。物と菓子の内訳をどうするかは地域によって様々です。

本来はお土産としての意味合いが強かったため、どなたにでも同じ物を用意していましたが、現在は頂くご祝儀額やゲストの性別に合わせて贈り分けをする方が増えています。金額の相場として、披露宴の飲食費の3分の1が目安と言われていますが、先でもお伝えしたように、親族など多くのご祝儀を頂くゲストには違う金額設定にすることが増えています。年代や性別によっても人の好みはそれぞれ。ゲスト全員に喜んでもらうおもてなしとして、ゲストをグループ分けし何を贈るか決めていくのもいいでしょう。

但し多くのグループを作ってしまうと、贈り間違いがある可能性があるので、ほどほどに。贈り分けをする時はランクや物の違いがあることが分からない様、違いが分からない外観にしておくと、貰った側が肩身の狭い思いをしないで済みます。式場によっては後日自宅に配送するサービスもあるので、細かく違いを出す場合や遠方からのゲストが多い場合は、配送を検討しても良いかもしれません。

時間をかけて悩んで決める贈り物ですから、つまずきたくないもの。多くの人に満足してもらえる様、所以や基本を知って渡し方にも配慮してみましょう。

【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】

【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】

結婚式の招待状が来たら「必要事項だけ書いてポストに投函」はNGです!今回は大人のマナーとして知っておきたい招待状の返信のしかたと、知っておきたい+αの知識を紹介したいと思います。【招待状が来たら、”すぐに”返事を!!】結婚式の招待状が来る前に、ほとんどの場合結婚するカップルから直接連絡が来ていることと思います。そのため招待状が来ても、「出席するってもう伝えてあるし…」とついつい返信が遅くなりがち。

でもおめでたい良き日の招待状だからこそ、その祝福の想いを「早く返事を出す」ことで相手にしっかり届けましょう。【押さえておきたい基本的なこと】結婚式の招待状が届いたら、丁寧な「返事」をしましょう。ペンの色は黒。本来は万年筆や毛筆ペンがベストですが、それでなくても失礼ではありません。ただしボールペンは避けましょう。こういった時のために、良くインクの出る書きやすいペンを持っておくと何かと重宝しますよ。

招待状の返信は”御出席”または”御欠席”の該当する方の”御”の部分を二重線で消し、出席か欠席を丸で囲みます。該当しない方は全て二重線で消しましょう。”御住所”の”御”の部分、”御芳名”の”御芳”の部分も忘れずに消します。返事の相手の宛名の”行”の部分を消し、”様”に書き直すことも忘れないようにしましょう。【+αで心がけたいことって??】空いている部分にお祝いの言葉を書き添えます。その際句読点を付けないほうが良いとされています。

「縁が切れてしまう」という事を意味する「、」や「。」は昔お祝いごとに使うのを避けされていました。返事は結婚する二人が目にし、また場合によっては相手の親が見る機会もあるかもしれません。フランクすぎず丁寧な返事を心がけましょう。小さなものであれば上品なシールやスタンプを付けてもOK。そのひと手間がとても喜ばれますよ。結婚式招待状の「返事」は小さいことのようで、しっかり対応したいとても大切なことです。

ご招待を頂いた際には、マナーを守って、おめでとうの気持ちがきちんと伝わるように、相手を祝福してあげましょうね。

ペーパーアイテムは手作りで!低コストでセンスあふれる招待状の作り方

ペーパーアイテムは手作りで!低コストでセンスあふれる招待状の作り方

結婚式で使うペーパーアイテム。素敵なものを用意しようと思うと、案外コストがかかってしまうのが困りどころですよね。結婚式では予算内でどこにお金を掛けるのか?頭を悩ませる方も少なくないのでは?お祝いにかけつけて下さる招待客の皆さまに満足して頂けるようグレードの判りやすい食事には予算をたっぷり使いたい。という貴方。一生一度のドレスには絶対にこだわりたいという貴女。

ペーパーアイテムを手作りする事で、コストを抑えてみませんか?ペーパーアイテム作りは誤字のチェックや大変な面もありますが、想い出に残りますし、当日司会の方に「手作りです」と紹介して貰えば、招待客の皆さまにも喜んで貰えますよ。ペーパーアイテムを手作りする場合、節約できるお金はおおよそ7万円から10万円程度。元々手作りが好きな方やパソコン作業が得意な方でしたら、紙を選びデザインを考えて、オリジナリティあふれる招待状を作る事も可能です。

もう少し簡単にしたい方には、ウェディング用のデザインテンプレートソフトを購入したり、webサイトでも無料でペーパーアイテム用のイラストなどテンプレートを提供しているところもありますので、利用すると手軽になります。ぜひ調べてみてください。節約はしたいけれどパソコンに不慣れな方や手作りは難しそうという方は、紙や綴じ紐などがセットされた専用のキットが、ワープロソフトで文面を編集できるようなテンプレート込みで市販されていていますので、キットを使えば簡単に作る事ができます。

手作りならば、市販品では難しい招待状にゲストへのメッセージを入れる際に友人や親族で文面を変えるといったこともできますね。手作りする際に気を付けなければいけない事は、誤字脱字や間違いがないようにする事。特に招待客の方の会社名や肩書などは、正式な書き方になっているかどうか、プランナーさんなど第三者に必ずチェックして貰ってください。また、特に席次表は招待状の返信を貰った後に作る事になりますので、時間に余裕がない場合も。

心配な方は、全て手作りするのではなく、部分的に業者に頼むなど、安心にお金を払う事も必要かもしれません。素敵なペーパーアイテムで、想い出に残る結婚式を!

喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状

喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状

結婚式に来てくれたゲストの方へ、また当日は式に参加できなかったけど、祝ってくれた親戚や友人に、感謝の気持ちを込めてお礼状を送りましょう。式が終わったからといって、そこでおしまいというわけではありません。式に参加してくれた方へのお礼、式に参加できなかった方に、無事に式が終わったこと、祝電やスピーチをしてくれた方へのお礼など、やることは意外と多いのです。どうしても式そのものの準備もあり、お礼の手紙をしたためるのは遅れがちになりますが、式の前から、できる限りの準備は行っておきましょう。結婚式のあとで、そのまま新婚旅行に出掛けられるという場合は、旅行の期間にもよりますが、新婚旅行の様子などもお伝えできると良いと思います。

《式へ参加してくれた方へ送る場合》
式へ参加してくれた方には、参加してくれたことのお礼を述べる手紙をしたためましょう。季節の挨拶とともに、忙しい中、式に参加していただいたことへのお礼。また、これから温かな家庭を築く事を表明し、その中でもお世話になるであろう旨を書きます。署名には、2人の連名を書き添えます。文章だけのはがきでも構いませんが、最近では写真入りのものも増えてきていますから、式当日の様子がわかる写真で飾るのもよいでしょう。

《式に参加できなかった方へ送る場合》
式に参加できなかったという方へも、お礼は欠かせません。ご祝儀をいただいている場合、引出物をお渡しできていないと思いますので、記念の品も送りましょう。可能であれば、直接手渡しするとよいでしょう。式が無事に終わったという事と、今後ともお世話になることをお伝えします。

《特別な方への感謝も忘れずに》
式に参加してくれたゲストの方はもちろんのこと、そのほかにも、仲人や主賓、祝電をいただいた方へは、ほかのゲストとは違った形でお礼を申し上げるのが通常です。特に、会社の上司や目上の方には直接挨拶に行くとよいでしょう。また、意外と忘れがちなのが結婚式会場の関係者へのお礼です。式を準備してくれたスタッフやプランナーの方へは、はがきとともに手土産を持参しましょう。多くの方の協力の下、無事に式が挙げられたことを実感すれば、今後の結婚生活へ弾みがつくというものです。

結婚式で喜ばれる引出物とは?

結婚式で喜ばれる引出物とは?

式に参加していただいたゲストの方々からいただくお祝い、ご祝儀に対して、お礼としてお渡しするのが、引出物です。地域や家の慣習により様々ですが、一般的には披露宴の食事代の3分の1程度の金額を目安に、記念品を贈るのが多いとされています。形は様々ですが、ゲストの方への感謝が目的というのは同じですから、より感謝の気持ちを伝えられる記念品を贈れるように心がけましょう。

《ゲストに選んでいただくカタログギフト》
なにを贈れば喜んでいただけるかは、人によって様々ですし、もしかしたら、気に入ってもらえない品であるかもしれません。これを贈れば間違いがないというものがないため、なにを贈るべきかは本当に悩むものですが、ゲストに選んでいただけるカタログギフトは人気の贈り物の1つです。食品や食器、日用品など、予算に合わせて様々なカタログギフトがありますので、非常に便利なものです。最近では、形の残るものではなく、旅行券やエステなど、様々ですので、選ぶほうも迷ってしまうかもしれませんが、ゲストの方が欲しいと思うものが選べるというのが、非常に良い点でしょう。ただし、ここはひとつ気を配りたいところで、ただカタログギフトを贈ればよいというわけではありません。ひとつ、メッセージカードを添えておきましょう。もちろん、ゲスト1人1人に宛てるメッセージカードです。当日、式に参加してくれた方への感謝の気持ち、これからもお世話になること、様々な思いを綴って、はじめて感謝の気持ちが伝わるというものです。

《食器やカトラリーも人気の贈り物》
記念の品として、人気なのは食器やカトラリー、また、バス用品などです。かつて食器は「割れる」ことから、結婚式の贈り物としては、不適切とされていましたが、今ではオシャレなデザインのものや有名なブランドのものが人気のため、それほど気にしなくてもよくなりました。ただし、いくつか注意したい点があります。ひとつは、名前入りの記念品は扱いに困るという事。万が一でも、2人が離婚という事になってしまったら、その記念品は、あまりよいものではありませんよね。そして、かさばるもの、重いものというのもあまり好まれません。わざわざ遠くからお越しいただいているゲストもいますので、持ち帰る事を考えると、あまりかさばらず、重くないものが良いでしょう。また、必ずしも形として残るものである必要はありません。普段の生活で消費して、なくなるものでも構わないのです。食品や化粧品など、贈る相手が本当に喜ぶであろうものを選びましょう。

意外と知らない結婚式の招待状の返事マナー

意外と知らない結婚式の招待状の返事マナー

結婚式の招待状が届いた場合、口頭や電話ではなく、きちんと返事しなくてはいけません。ただし、ただ単純に返信すればよいというわけではありません。そこには守るべきマナーがありますので、そのマナーを踏まえた、きちんとした返信を心がけましょう。式に参加するうえで、新郎新婦の門出に、祝いの意思を伝える最初のイベントでもありますので、気持ちの伝わる返信を心がけましょう。

《出席する場合の書き方》
御出席・御欠席とありますが、出席の場合、御出席の「御」と「御欠席」には、2重線を引いて消すのは有名ですが、そのほかにも消す文字があることをご存じでしょうか。参加者であるあなたの住所や名前を書く欄には「御住所」や「御芳名」とあると思いますが、こちらの「御」や「御芳」も2重線で消しておくようにしましょう。式に誘っていただいたことに対して、誘っていただいたことに感謝を込めて、参加させていただくことを伝えましょう。出席のあとに、「させていただきます」であったり、出席の前に「喜んで」を加えて、文章とする場合もありますが、相手方が書いた字を利用するのは失礼ですから、出席に丸をしたうえで、あらためて「喜んで出席させていただきます」としたほうが良いでしょう。その際に、お2人の結婚を祝福する言葉と、一言添えると喜んでいただけるでしょう。

《欠席する場合の書き方》
欠席する場合も、「御出席」や「御」、御住所の「御」、御芳名の「御芳」を2重線で消しておくのはもちろんですが、大切なのは欠席することを一言添えておくこと。2人が結婚するという事を祝う言葉と、式に招待していただいたことの感謝の気持ちを書き添えます。そのうえで「やむを得ない事情により欠席させていただきます」と添えましょう。欠席の理由をこまごまと書く必要はありませんが、参加したかったけど、参加できない旨を伝えます。ただし、参加しないからと言って、それっきりというわけにはいきません。なにか気の利いた品を贈るのもありですが、返信とは別に式当日に届くように、お2人の結婚を祝う内容の祝電を送り、お2人の今後の結婚生活を祝う気持ちを伝えましょう。きっと、新郎新婦に喜んでいただけるはずです。後日、改めて挨拶に伺い、ご祝儀か、それ相応の祝いの品をお渡しするという事も忘れないようにしたいものです。一般的に、欠席の場合、渡す予定だったご祝儀の2分の1か、3分の1の金額、品を贈るとされていますが、あくまでも一般的なものですので、金額や内容にはとらわれず、心を形とすることが大切です。

ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナー

ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナー

招待状の返信の仕方は、いろいろマナーがあるけど、逆に招待する側としてのマナーはいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。ゲストをお招きする大切なイベントですから、失礼なく招待したいものですよね。いつ送ればいいのか、どういった内容で送ればよいのか、事前に調べて、きちんと招待できるようにしましょう。

《挙式の2カ月前に送りましょう》
挙式、披露宴の2カ月前に送るのが一般的とされています。相手方の都合もありますから、あまり急なタイミングでは返信をせかすようですし、すでに予定が入っているという場合に相手に余計な気を使わせてしまいます。送る日にも気を使いたいものです。大安や友引といった日を選ぶと、見えないところで気配りができる点が、わかる人にはわかるものです。招待する相手が、すでに結婚しているという場合は、連名でご家族を招待します。招待は世帯ごとで連名にするようにして、例えば、2世帯同居の場合は、それぞれの世帯へ送ります。世帯主を代表として、連名には令夫人、またはご家族様としましょう。令夫人は、奥さまの名前がわからない場合に使いますが、名前がわかっていれば、そちらを使いましょう。名前を書く場合は、送る前に漢字があっているかをよく確認したうえで送りましょう。

《ひと手間加えて、素敵な式を演出しましょう》
2人の門出を祝ってくれるゲストには、心から式を楽しんでほしいものですが、それは式当日だけでなく、お誘いするところから心がけましょう。既製品のものでも良いのですが、一通ずつ、新郎新婦の気持ちを込めたいものですよね。様々な趣向を凝らして、ゲストに喜んでもらえるデザインやひと手間加えたものがやはり人気です。新郎新婦の人柄がわかるような写真付きのものであったり、封筒やはがきにちょっとした仕掛けを施すことでも、招待を受けたゲストは、お2人が幸せな結婚式を迎えようとしていることを知り、幸せを感じてくれることでしょう。また、本来であればゲストに送る招待状ですが、家族や親戚に送るのもありです。家族もまた、お2人の結婚を心からお祝いしてくれるのですから、記念として手元に置いておきたいという気持ちもあるのでしょう。なんにせよ、多くの方に祝ってもらえる大切な式であると同時に、ゲストや家族へ感謝の気持ちを伝える場への招待ですから、心を込めたものが送れるよう、心がけてください。

お礼状は最後の締め

お礼状は最後の締め

結婚式に呼ばれたらお祝いの気持ちを込めて、お金を包むことが当たり前になっています。もちろん義務ではありませんが、多くの人がお金によって式をするにあたりかかった費用の負担を軽減してくださるのです。もしも一人3万円と考えて100人の出席者がいたら、単純計算で300万円もの大金を頂くことになります。

ですから、そのお礼として挙式後、もしくは新婚旅行から帰ったのちにすぐにお礼状を書きましょう。もちろんシンプルに文字だけのメッセージカードでも構いませんが、二人の結婚が思い出に残るように写真付きのはがきなどでお礼を述べることができるでしょう。しかし、誰にお礼をいうかによって内容も少し変えることもできます。

例えば結婚祝いをくださった方の中には式に欠席した方もいらっしゃいます。そのような方に出席者全員が映っている集合写真のポストカードを送っても、その場にいなかった人に」とってはあまりしっくりしないかもしれません。ですから、欠席された方には新郎新婦二人だけの写真に「結婚しました」という報告はがきを送りましょう。

そして式に来てくださった方に「結婚しました」の報告はおかしいので、「来てくれてありがとう」など出席してくださったことに感謝を示すものにするといいでしょう。そして贈る相手によってメッセージを変えること、そしてもしも何かしらのプレゼントなど頂いたのなら、それに対する感想も入れてみましょう。

そしてこのお礼状、単にお金をくださったことだけではなく、祝電を送ってくださった方、そして祝辞やスピーチをしてくださった方にも送る必要があります。「結婚式で心温まる祝辞をいただきまして、誠にありがとうございました」などと書くと、話したほうは引き受けてよかったと思ってくださるでしょう。

結婚式がすんでも、お世話になった方すべてにお礼状によって挨拶を済ませることで、やっとすべての段階を踏んだといえます。時間も手間もかかりますが、感謝の気持ちを込めて行いましょう。

人気がある引き出物とは

人気がある引き出物とは

結婚式に招待される人は、祝儀に3万円程度包んでくださいます。そのお礼として渡すのが引き出物ですが、地域や慣習によってどのようなものを渡すのかは異なってきます。現在ではお土産とか記念品という感覚強いかもしれません。あまり人気がないものの中に、重たい記念品があります。

遠方から結婚式に来られている方もいらっしゃいますし、公共の乗り物に乗るなど移動の際に重たいとなかなか邪魔になってしまいます。中には記念品として壺なんかを選ぶ人もいるようですが、置き場所に困ったり、使わないといった思い以外の理由で困るとされています。

そして邪魔だけど、なんか捨てられないというのが、新郎新婦の名前が入ったグッズです。時には写真入りなんかのクッション、コップ、マウスパッドなど自己満足なものは貰っても困ってしまうのです。

結婚する当人は盛り上がるかもしれませんが、せっかくお金を払ってみなさんに持って帰ってもらうので、喜んでもらえるものがいいですよね。一番喜ばれる、妥当なものとして挙げられるのはカタログギフトです。重さに関しては軽量ですし、特に好きなものを自分で選んでもらえるのも良い点です。

気を付けたい点はカタログギフトにも様々な値段があり、3000円程度なものだといくら自分で選べるといってもあまり質が良くなかったり、使い道のないものが多いようなので、最低でも5000円程度のものを用意するといいでしょう。

カタログギフトと言っても食器や小物、そしてグルメ限定のものなどあり、うどんやラーメン、ケーキやお肉などの食事系のものは外れがないようです。そしてカタログギフトのいい点として、やはり招待客の中でも優遇したい人、一般的な人の区分訳はあると思います。

形があるものだと、大きさなどで値段の差異が分かってしまいますが、カタログだと同じ大きさのため外見からでは区別がありません。それ以外にもコーヒーや紅茶、アロマ系の癒しグッズなども人気が高く、できれば後に残りにくいものを引き出物に選ぶといいでしょう。