Browsed by
作者別: egev

出欠返信にもマナーは大事

出欠返信にもマナーは大事

結婚式に呼ばれると一番最初に考えるのが、いけるかどうか。女性の場合なら洋服が一番かもしれませんが、予定が合わなければどれだけ行きたくても行くことはできません。招待状が届いたら返信は2~3日のうちにしましょう。予定の調整のためでも1週間以内には返事をする必要があります。

これは新郎新婦は確定した出席者によって、必要な食事の数やテーブルのグルーピングなどするため、遅れると大変迷惑になります。また出欠は必ず返信用のはがきをだしましょう。どれだけ親しいから、もしくはそんなに仲良くないのでと思っていても、電話やメールで伝えるのはマナー違反です。

招待状にはほとんどの場合返信用はがきがついているのですが、返信の仕方にもマナーがあります。正式な文書は、毛筆、筆ペン、もしくは黒の万年筆を使うことが礼儀とされています。最近では水性の黒色のボールペンもいいとされていますが、見た目があまり美しくないためおすすめはできません。

もちろん、青やグレーなどの色のものはマナー違反です。そして、返信用はがきのあなたの名前の上には必ずと言っていいほど、「御」や「芳」がついています。それは二重線で消します。漢字一文字の場合は斜めの線で、そして二文字以上の場合は縦線で消すのが正しいです。決して×マークや塗りつぶしたりしないようにしましょう。

そして忘れがちなのは、宛名の下には「行」と書かれているので、それも二重線で斜めに消し、「様」に治しましょう。表のあて名のほうは、忘れがちになるのでしっかりと確認しましょう。そして単に出欠の返事をするだけではなくお祝いのメッセージも余白のところに書きます。

宛名が両親の場合には、親にあてたメッセージなども記しましょう。残念ながら結婚式に出席できない場合、お詫びの言葉を添えて、簡単に欠席の理由などを記すのもいいかもしれません。返事の仕方一つにもマナーが求められるため、お祝いの気持ちを込めて返信しましょう。

アイデア満載の招待状

アイデア満載の招待状

大事な二人の門出となる結婚式。その大切な瞬間に招待してもらえれば、大変うれしく感じますね。招待されると知っていても、招待状を手渡ししてもらったり、郵送で届くとやはり気分も上がります。このようなインビテーションカードは様々な種類のものがあり、新郎新婦も悩みどころでしょう。

意外にも受け取ったほうが保管していたり、写真に撮ったり、自分たちもおそらくずっと保管するものとなるので、気に入ったものを見つけていくことが大事になります。もちろん日本でも簡単で早いということでネットなどで注文する人がほとんどです。

結婚式までにはたくさん準備をすることがありますし、できるだけ手間を省きたいからです。しかし、ネットで注文してしまうと出来上がりが、自分が思っていたのと違ったり、質があまりよくなかったりと納得できないことがあります。

ですから、もしも早めにプロポーズを受け結婚式までに結婚時間の余裕があるという場合には、少しインビテーションカードにこだわりを加えてみるのは、どうでしょうか。最近、海外などで流行っているのが、「カレンダーカード」です。カードを開ければカレンダーになっていて、二人が結婚する日付にハートマークがついていて、大変見やすいものとなっています。

また飛行機のチケットのような招待状も、好評です。飛行機のイラストやバーコードなどをデザインに取り入れることで、ユーモアを取り入れることができます。旅行会社の人などが結婚する場合、このアイデアを参考にできるかもしれませんね。またかなり珍しいのが、きれいなお花模様のハンカチに結婚式の予定がプリントされているもの。

これは貰う側もうれしいプレゼントですし、せっかく呼ばれたのだから行こうという気持ちも高まるでしょう。結婚し胃にできるだけ自分たちが招待した人たちに来てもらうためにも、招待状を少し風変わりなものにしたり、アイデアが詰まったものにするなら、みんなの記憶に残るものとなるでしょう。

手書きのお礼状で、気配り上手と呼ばれたい!

手書きのお礼状で、気配り上手と呼ばれたい!

結婚式が終わって、ほっと一息。夫婦でしばらくはゆっくり過ごしたい。ついそう思ってしまいますが、実はまだやることがたくさんあるこの時期。お祝いを頂いた方へ、お礼状は出しましたか?メールやSNSでのやり取りが基本となった現在ですが、結婚や出産といった大切な節目のときには目上の方へはお手紙をお送りしたいもの。

出す立場となるとつい「書くのが面倒……」と思ってしまう気持ちはわかりますが、やはり心のこもった手紙を貰うのはうれしいものですよね。きちんとしたお礼状を出せば、気配り上手とあなたの株が急上昇するかもしれませんよ。便箋と封筒目上の方へお出しする場合、正式には白の無地便箋に縦書き、白の二重封筒に入れてお出しします。

慶事の場合には、白、金、銀などで花柄などおとなしめの柄が入っている物でしたら可とされる方も多いようです。切手についても、慶事用切手か普通切手が無難ですが、親しい方でしたら、郵便局で作れるフレーム切手はいかがでしょうか?写真やイラストを切手にしてもらえますから、ウェディングドレスとタキシード姿を切手にしてお送りすることもできます。

何を書けばいい?定型文を書いて終わりにしてしまいがちですが、一言添えるだけでグッと気持ちがこもります。例えば、頂いたお祝いでこういった物を購入し新生活で役立っています。プレゼントを使っていますなどの一言があれば、お祝いした甲斐もあると思われるもの。くれぐれも、お名前の書き間違いがないよう注意しましょう。

また、重ね言葉や忌み言葉はタブーです。よくある「まだまだ未熟な私たちですが」などという言い回しも、重ね言葉になりますので避けましょう。結婚に伴う「転居」を文面で報告する際は、「新居にはいる」などと言い換えることができます。正式なお手紙では句読点は使いませんので注意しましょう。

手書きでというのが一番ですが、字に自信がない方は手書き風文字フォントを活用するという裏技も。無料で使えるフォントがインターネットに公開されていますので、どうしても手書きは苦手という方は、手書き風印刷をお試しを!

喜ばれる引出物は?年代別おすすめポイント!

喜ばれる引出物は?年代別おすすめポイント!

結婚式の引出物、せっかくだから喜ばれるものを選びたいですね。何を贈ったら喜ばれるのでしょうか?同じ品物でも、年代や性別によって評価がわかれてしまうことも。年代や性別によって中身を変えるというのが、多くのゲストに満足していただくために一番の選択です。

年代別、喜ばれる品若い方には、自分で選べるカタログギフトが人気です。カタログギフトは値段のほか、どういった物を中心に揃えたカタログにするかを選べますので、女性でしたらインテリア、キッチン、ボディケア用品を中心にしたもの。男性にはビジネス用小物や趣味の品を中心にしたものが喜ばれやすいようです。

特に少額のカタログの場合「欲しいものがない」ということもあり得ますので、石鹸類、お米、ホテルメイドレトルト食品など、誰でも使う消耗品が選べるように配慮すると良いでしょう。カタログギフト以外では、ボディケア用品やタオルなどの詰め合わせが定番品。

正絹の袱紗や小さい風呂敷、高級メーカーのマグカップやボールペン、チョコレートといった自分では手を出しにくいけれど使う機会の多い上質なもの、また、インテリア品、服飾品など新郎新婦のセンスを活かしたお品物も喜ばれます。ご年配の方にもカタログギフトや旅行ギフト券など自分で選べる品が一番人気。

消耗品や食品がメインのカタログをおすすめします。普段使いの上質な品は年配の方にも喜ばれます。有名メーカーの食器や箸置き、老舗文具など。食器を贈る場合は、大皿は重たいですし使う機会が少ないので、小さめサイズのものが良いようです。特にご年配の方へは、一言手書きのメッセージを添えるとより喜ばれます。

新郎新婦の写真や名入れの品は、使っていただくことを考えると避けた方が無難。どうしても記念に名入れをしたい場合には、お菓子への焼き印やお酒のラベルなど、消え物にすると良いでしょう。地方によっては、お赤飯や紅白のお餅を添えたり、重い方が良いと評価する場合もありますので、ご親族向けの品は新郎新婦だけで決めず必ずご両親と相談することが大切です。

まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信

まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信

お祝いの席へのご招待を頂いたら、どうしますか?最新の招待状返信事情をご紹介します。まずは、基本のマナー返信の期限間近になって「忘れていたけど、間に合った!」は実はNGです。お祝い事ではなるべく早くお返事するのがマナーですので、くれぐれも忘れないように早めの返信になるよう気を付けましょう。

お返事を書く際、「御(ご)」「御芳」は、あなたに対しての敬語のため、そのままですと自分に敬語を使う事になってしまいますので、横2本線で消します。出席の場合には「出席」を○で囲み、「慶んで○させていただきます」など書き添えると丁寧です。

この場合は「ご欠席」も2本線で消します。余白やメッセージ欄には「花嫁姿を楽しみにしています」「お幸せに」など、お祝いのメッセージを。忘れてしまいがちなのは、裏面の宛先。宛先となる方のお名前の下に「行」と書かれていると思います。これは相手方の謙譲語になりますので、二本線で消し「様」と書き直しましょう。

親しい友人には、少しマナー違反だけれど可愛く素敵な返信の仕方も通常はただの二本線で「欠席」や「御」の字を消しますが、最近では親しい友人への返信では素敵な絵やシールで欠席の字を隠すのが流行っています。欠席の字がなかったように隠してしまえば、よりお祝いの気持ちが高まりますね。オシャレで大人っぽいお友達ならシンプルシックなイラストを。新郎新婦が好きなキャラクターの絵を書き添えたり、ストーリーのある絵柄にしてみたりと、手間暇はかかりますがとてもオシャレで、お互いに良い記念になります。

絵の苦手な方は、かわいい柄のシールやマスキングテープで飾っても。ただし、絵を書き添えるのは本来はマナー違反になりますので、どなたへの返信でもしていいのではなく、親しい友人からの招待で、返信宛先が新郎新婦本人という場合のみにしくのが無難です。返信の宛先が新郎新婦のご両親という場合や目上の方からのご招待という場合には、マナー違反が嫌がられる事も考えられますので避けた方が良いでしょう。返信はお祝いの第一段階。マナーを優先するか、オシャレに記念になるよう工夫するかは、新郎新婦との普段の関係で判断してください。

招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?

招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?

期限が書いてあるから、それまでに出せばいいんでしょ。というあなた。実は、マナー違反をしているかも!?・返信は、なるべく早めがマナーです結婚式の招待状には返信期限が書いてありますが、期限間近になっての返信は実はNGな行動です。

お祝い事ですので、慶びの気持ちを表すために、少しでも早く返事をするのが良いマナー。できれば招待状が届いてから2~3日以内。難しい場合でも1週間以内の返信を心がけましょう。お仕事の都合をつけなくてはいけない方、体調が思わしくなく出欠を迷ってしまうという方もあるかと思います。

1週間以内に返信が出せないような場合には、電話でその旨をお伝えしてください。どうしても都合がつかず欠席という場合も、まずは電話での連絡を行いましょう。電話ではまず結婚のお祝いを伝え、「予定を調整しているが、もしかしたら欠席になるかもしれない」「やむをえず欠席する」といった用件を伝えます。

その後予定が決まったら、招待状の返信を忘れずに。・返信の書き方は?招待状の返信は、ゲストに対して敬語で書かれています。そのままで返信すると、自分に対して敬語を使う事になりマナー違反。面倒なようですが、「御(ご)」「御芳」といった敬語は2本線で消して返信しましょう。

このとき、2本線の代わりに「寿」の文字を書いて消すとよりベターです。出席の場合は○でかこみ、「慶んで」「させていただきます」などの言葉を。メッセージ欄や空きスペースには「花嫁姿を楽しみにしています」「ご招待ありがとうございます」などのメッセージを書き添えると丁寧です。

このとき、「ご欠席」の字は2本線で消します。欠席の場合は「欠席」を○でかこみ「どうしても都合がつかず、申し訳ありません。お2人のご多幸を心よりお祈りしています」などのメッセージを添えましょう。

本来はマナー違反になりますが、最近ではごく親しいお相手で返信宛先が新郎新婦本人になっている場合には、イラストを書き添えるという方が増えているようです。「欠席」を2本線で消す代わりに可愛らしいイラストで隠してしまうといった工夫も。お相手との間柄が近しい場合は、素敵な記念になりそうですね。

結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

挙式するまでが「結婚式準備」ではない結婚式は挙式前にいろいろと準備が必要になるイベントでもありますが、挙式が終わった後にも仕事が残っています。招待状を送って、会場のテーブルや料理のメニューをそろえて、主賓や乾杯の音頭を取る人を決めて、と言った前準備も大切です。

実際の式場できちんとスピーチをしたり、参列者に声をかけてまわるのも必要です。もちろんそれはそれで大変な部分もあるのですが、それで終わっては参列者にとって失礼になってしまうかもしれません。出席者の中には礼節にこだわる方もいるでしょうから、後味が悪くならないためにも、その点はぬかりなく進めていきたいものです。そのための配慮の一つが、お礼状を送るというものです。

主賓の方や仲の良い友人など、式に招待した中でも特に自分たちにとって近しい人たちに、出席してくれた感謝を込めて、お礼状を送るのもマナーの一つです。当日きちんとお礼したし、引出物も渡したから大丈夫だろうと考える人もいるかもしれませんが、形式としては重要なのでしっかりと行うようにしましょう。

それぞれの人にふさわしいお礼の言葉を。記念写真などを同封するのも大切お礼状を送る人にもいろいろな人がいますから、それぞれに送る言葉はしっかりと使い分けたいところです。家の近い知人であれば、「これからもよろしくお願いします」という言葉を、昔の先生であれば「先生の言葉を忘れずに」と言った訓示の言葉を、あるいは親しい友人であれば、「これからもよろしくね」という言葉を送りましょう。

どちらにしても、結婚はゴールではなくてスタートですから、新しく始まる人生を潤沢にするために、これからお世話になるであろう人たちに「これからもよろしくお願いします」という気持ちを伝えるのが大切です。また、結婚式での記念写真などを同封するのも心遣いとして大切です。思い出として相手にも自分たちのことを覚えていてもらえますし、実用的な引出物だけでは味気ない部分もあります。

言葉だけでは伝えきれない幸せな気持ちを、写真を通じて伝えましょう。そして、乾杯の音頭を取ってくれたかた、主賓を務めてくれた方などには、とりわけその感謝を伝えるようにしましょう。

結婚式で喜ばれる引出物、喜ばれない引出物

結婚式で喜ばれる引出物、喜ばれない引出物

結婚式で式の出席者に送る引出物。何を選べばよいのか悩むところです。予算的に使える金額も限られてきますから、どのくらい奮発してよいのかもわかりづらいところです。引出物にいくら使うのか、というのも大切かもしれませんが、もっと大切なのは「何を送るのか」というところ。

参列してくれた感謝として送るものですから、あまりおかしなものを送るわけにもいきません、ここでは、結婚式の引出物として送りたいもの、送らない方が良いものをそれぞれ紹介します。人気なのは食器類やインテリア用品など。カタログギフトも無難でオススメ無難なところを挙げるとするなら、食器類やタオルギフトなどを選ぶのがオススメです。使い勝手がよく、数があっても困らないものになりますから、もらって困るということはあまりないでしょう。

また、カタログギフトなどを選ぶのも悪い選択ではありません。招待者側の方で中身を選ぶわけではありませんが、「招待者自身が品を選ぶことができる」という利点がありますから、これを好むという方も少なからずいます。

いずれにしても、あまりかさばらず、数があっても困らないような日用雑貨にするのがベーシックな選択になるでしょう。あまり実用性の低いものや、人によっては使わないようなものにしてしまうと、渡す側にとってはあまり嬉しくないものになってしまうかもしれません。もらって困るのは使い勝手が悪いもの一方で、引出物として評判が悪いのが使い勝手が悪いものです。

例えば、食器も数枚であれば喜ばれるかもしれませんが、ナイフやフォーク、ティーポットなど食器一式が揃ったものなどは比較的不評です。単純に重たいですし、人によっては「こんなの使わないよ・・・」というものも含まれていますから、有り難迷惑というものになってしまいます。

また、時々あるのは「新郎新婦の名前入りグッズ」などのようなもの。作った本人たちにとっては記念になるかもしれませんが、もらった側にとっては「正直ちょっと・・・」という印象になりがちです。ある程度華やかなものを選ぶ必要があるのは確かですが、実用性とのバランスも重要なのです。

好感度アップな招待状の書き方

好感度アップな招待状の書き方

結婚式の招待状を書く場合、書く側の気配り一つでいろいろな工夫が可能となります。基本的には祝いの席になるわけですし、多くの人に来てもらいたいと思うもの。その工夫で出席者の人数が劇的に変わったりはしないかもしれませんが、「行ってみたいな」と相手方に思ってもらえるように、手紙の書き方をこだわることはできるはず。せっかくの挙式ですから、そういう点にこだわってみるのも悪くはないはず。

ここでは、結婚式の招待状の書き方のコツについてご紹介します。送る相手の気持ちになって書く招待される相手にもいろいろな方がいます。高齢の方やすでに結婚されている方、昔の恩師、今はそれほど会えていない昔の親友など、さまざまです。基本的な内容はそれほど変わらないかもしれませんが、相手の窮状に応じていろいろな言葉を付与していくと、相手の印象も変わっていくかもしれません。

例えば、遠方から招いた人には式場の地図以外にも最寄り駅や道順などを記載しておくとか、あるいは一人で出席される人のために、近い人や趣味の合いそうな方を紹介しておくとか、そういう配慮です。当時の料理の紹介やドレスコードなども記載しておくといいかもしれません。

結婚式は初めてという方、お子さま連れの方、さまざまな事例に対して配慮できるようにしておくのが招待する側のマナーだと言えるでしょう。招待状のデザインなどにもこだわってみるまた、結婚式の招待状としてできるのが、はがきのデザインやレイアウトを凝ってみるということです。

葬儀などとは違って祝福の席となりますから、できるだけ華やかに演出するにこしたことはありません。ハガキ本体はもちろん、封筒などのレイアウトを一風変わったもの、華やかなものにデザインすることによって、送られる相手の印象や返事の内容も変わってくるものです。

いずれにしても、一生に一度あるかないかの機会ですから、「こうしたい」という自分たちのビジョンはいくらでも試していけるはずです。プランナーの方と相談してみたり、経験者からアドバイスを聞いてみたりで創意工夫の幅も出てくるはずですから、できるところはどんどんこだわっていって、招待した人にも幸せになってもらえるような結婚式を演出しましょう。

もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

結婚式の招待状。もらったら了承してそのまま、なんてことにしていませんか?あるいは、普通の手紙と同じように返事を返していませんか?出席するにして欠席するにしても、招待状をもらったならきちんと返事を出しましょう。招待状はしっかりとした手紙ですから、それに応じた返信のしかたというものがあります。

マナーを習った返信を。書き方や返信期限に注意返信用はがきを送り、出席するのかどうかの意思をきちんと示します。人によっては、主賓や乾杯の音頭をお願いされたりもするでしょうから、その意志を示す必要もあります(基本的に、よほどの理由が無い限り、お願いされたら引き受けるようにしましょう)。

招待状を送った新郎新婦にとっては、できるだけ早く出席者の人数を把握したいところですから、返信は早い方がよいです。遅くとも1週間以内には返信するようにしましょう。返信はがきを送る場合、宛名の「行」の字は二重線で消し、代わりに「様」の字を加えましょう。

また、裏面の出欠席の記載についても出席する場合は欠席の文字を、欠席なら出席の文字を二重線で消しておきます。最後に、必ず必要なわけではありませんが、招待状の返事には祝福の一報を、それと招待していただいたことに対する感謝の意を必ず書くようにしましょう。もちろん、主賓を頼まれたなら、「喜んでお引き受けします」と書いておくのもマナーの一つです。欠席する時は理由を書く。

はっきり書きすぎないのがマナー何かの事情でどうしても欠席する時は、できるだけ早く返信して、出席できないという意志を伝えましょう。ただし、あまり直接的な書き方をすると相手方に失礼になってしまいます。結婚式の後も続くような関係であるのなら、欠席の理由の書き方には注意しましょう。

まず、欠席であっても祝福の意は必ず手紙で伝えましょう。それだけで、相手の印象が大分変わると思います。やむを得ず欠席する場合のも、言葉をきちんと選びましょう。できるだけ婉曲的になり、かつ礼を失さないようにするのがマナーとなります。また、出席の返信同様に、返信もできるだけ早くしましょう。

やむを得ず返信が遅れてしまう場合にも、電話を一本入れるなどして、「出席できない」という旨はきちんと伝えるのがマナーになります。