Browsed by
カテゴリー: Gift

まずは知っておきたい結婚式の引出物

まずは知っておきたい結婚式の引出物

結婚式をする時たくさんのことに悩みますが、その中の1つが引出物。最近はカタログギフトが増えてきていますが、カタログ1つとっても種類はさまざま。どんな物がゲストに気に入ってもらえるのか、喜ばれるのか、時間をかけて考えてしまいますね。何を贈るのか考えを巡らせる前に、まずは1度なぜこのような慣習があるのか知っておきましょう。起源は平安時代、宴の席で当時貴重だった馬を庭に引き出して贈ったこととされています。

やがて馬の代わりに武具、近代に入ると食器などの大きく重い物、といった形で贈り物の内容が変化していきました。現在では、貰い手の負担にならない質の良い物が選ばれています。地域によっては古くからの慣習に沿った品を用意する場合もあるため、両親にあらかじめ聞いておくと安心です。また、数については分けられない奇数で用意するのが一般的です。物と菓子の内訳をどうするかは地域によって様々です。

本来はお土産としての意味合いが強かったため、どなたにでも同じ物を用意していましたが、現在は頂くご祝儀額やゲストの性別に合わせて贈り分けをする方が増えています。金額の相場として、披露宴の飲食費の3分の1が目安と言われていますが、先でもお伝えしたように、親族など多くのご祝儀を頂くゲストには違う金額設定にすることが増えています。年代や性別によっても人の好みはそれぞれ。ゲスト全員に喜んでもらうおもてなしとして、ゲストをグループ分けし何を贈るか決めていくのもいいでしょう。

但し多くのグループを作ってしまうと、贈り間違いがある可能性があるので、ほどほどに。贈り分けをする時はランクや物の違いがあることが分からない様、違いが分からない外観にしておくと、貰った側が肩身の狭い思いをしないで済みます。式場によっては後日自宅に配送するサービスもあるので、細かく違いを出す場合や遠方からのゲストが多い場合は、配送を検討しても良いかもしれません。

時間をかけて悩んで決める贈り物ですから、つまずきたくないもの。多くの人に満足してもらえる様、所以や基本を知って渡し方にも配慮してみましょう。

結婚式で喜ばれる引出物とは?

結婚式で喜ばれる引出物とは?

式に参加していただいたゲストの方々からいただくお祝い、ご祝儀に対して、お礼としてお渡しするのが、引出物です。地域や家の慣習により様々ですが、一般的には披露宴の食事代の3分の1程度の金額を目安に、記念品を贈るのが多いとされています。形は様々ですが、ゲストの方への感謝が目的というのは同じですから、より感謝の気持ちを伝えられる記念品を贈れるように心がけましょう。

《ゲストに選んでいただくカタログギフト》
なにを贈れば喜んでいただけるかは、人によって様々ですし、もしかしたら、気に入ってもらえない品であるかもしれません。これを贈れば間違いがないというものがないため、なにを贈るべきかは本当に悩むものですが、ゲストに選んでいただけるカタログギフトは人気の贈り物の1つです。食品や食器、日用品など、予算に合わせて様々なカタログギフトがありますので、非常に便利なものです。最近では、形の残るものではなく、旅行券やエステなど、様々ですので、選ぶほうも迷ってしまうかもしれませんが、ゲストの方が欲しいと思うものが選べるというのが、非常に良い点でしょう。ただし、ここはひとつ気を配りたいところで、ただカタログギフトを贈ればよいというわけではありません。ひとつ、メッセージカードを添えておきましょう。もちろん、ゲスト1人1人に宛てるメッセージカードです。当日、式に参加してくれた方への感謝の気持ち、これからもお世話になること、様々な思いを綴って、はじめて感謝の気持ちが伝わるというものです。

《食器やカトラリーも人気の贈り物》
記念の品として、人気なのは食器やカトラリー、また、バス用品などです。かつて食器は「割れる」ことから、結婚式の贈り物としては、不適切とされていましたが、今ではオシャレなデザインのものや有名なブランドのものが人気のため、それほど気にしなくてもよくなりました。ただし、いくつか注意したい点があります。ひとつは、名前入りの記念品は扱いに困るという事。万が一でも、2人が離婚という事になってしまったら、その記念品は、あまりよいものではありませんよね。そして、かさばるもの、重いものというのもあまり好まれません。わざわざ遠くからお越しいただいているゲストもいますので、持ち帰る事を考えると、あまりかさばらず、重くないものが良いでしょう。また、必ずしも形として残るものである必要はありません。普段の生活で消費して、なくなるものでも構わないのです。食品や化粧品など、贈る相手が本当に喜ぶであろうものを選びましょう。

人気がある引き出物とは

人気がある引き出物とは

結婚式に招待される人は、祝儀に3万円程度包んでくださいます。そのお礼として渡すのが引き出物ですが、地域や慣習によってどのようなものを渡すのかは異なってきます。現在ではお土産とか記念品という感覚強いかもしれません。あまり人気がないものの中に、重たい記念品があります。

遠方から結婚式に来られている方もいらっしゃいますし、公共の乗り物に乗るなど移動の際に重たいとなかなか邪魔になってしまいます。中には記念品として壺なんかを選ぶ人もいるようですが、置き場所に困ったり、使わないといった思い以外の理由で困るとされています。

そして邪魔だけど、なんか捨てられないというのが、新郎新婦の名前が入ったグッズです。時には写真入りなんかのクッション、コップ、マウスパッドなど自己満足なものは貰っても困ってしまうのです。

結婚する当人は盛り上がるかもしれませんが、せっかくお金を払ってみなさんに持って帰ってもらうので、喜んでもらえるものがいいですよね。一番喜ばれる、妥当なものとして挙げられるのはカタログギフトです。重さに関しては軽量ですし、特に好きなものを自分で選んでもらえるのも良い点です。

気を付けたい点はカタログギフトにも様々な値段があり、3000円程度なものだといくら自分で選べるといってもあまり質が良くなかったり、使い道のないものが多いようなので、最低でも5000円程度のものを用意するといいでしょう。

カタログギフトと言っても食器や小物、そしてグルメ限定のものなどあり、うどんやラーメン、ケーキやお肉などの食事系のものは外れがないようです。そしてカタログギフトのいい点として、やはり招待客の中でも優遇したい人、一般的な人の区分訳はあると思います。

形があるものだと、大きさなどで値段の差異が分かってしまいますが、カタログだと同じ大きさのため外見からでは区別がありません。それ以外にもコーヒーや紅茶、アロマ系の癒しグッズなども人気が高く、できれば後に残りにくいものを引き出物に選ぶといいでしょう。

喜ばれる引出物は?年代別おすすめポイント!

喜ばれる引出物は?年代別おすすめポイント!

結婚式の引出物、せっかくだから喜ばれるものを選びたいですね。何を贈ったら喜ばれるのでしょうか?同じ品物でも、年代や性別によって評価がわかれてしまうことも。年代や性別によって中身を変えるというのが、多くのゲストに満足していただくために一番の選択です。

年代別、喜ばれる品若い方には、自分で選べるカタログギフトが人気です。カタログギフトは値段のほか、どういった物を中心に揃えたカタログにするかを選べますので、女性でしたらインテリア、キッチン、ボディケア用品を中心にしたもの。男性にはビジネス用小物や趣味の品を中心にしたものが喜ばれやすいようです。

特に少額のカタログの場合「欲しいものがない」ということもあり得ますので、石鹸類、お米、ホテルメイドレトルト食品など、誰でも使う消耗品が選べるように配慮すると良いでしょう。カタログギフト以外では、ボディケア用品やタオルなどの詰め合わせが定番品。

正絹の袱紗や小さい風呂敷、高級メーカーのマグカップやボールペン、チョコレートといった自分では手を出しにくいけれど使う機会の多い上質なもの、また、インテリア品、服飾品など新郎新婦のセンスを活かしたお品物も喜ばれます。ご年配の方にもカタログギフトや旅行ギフト券など自分で選べる品が一番人気。

消耗品や食品がメインのカタログをおすすめします。普段使いの上質な品は年配の方にも喜ばれます。有名メーカーの食器や箸置き、老舗文具など。食器を贈る場合は、大皿は重たいですし使う機会が少ないので、小さめサイズのものが良いようです。特にご年配の方へは、一言手書きのメッセージを添えるとより喜ばれます。

新郎新婦の写真や名入れの品は、使っていただくことを考えると避けた方が無難。どうしても記念に名入れをしたい場合には、お菓子への焼き印やお酒のラベルなど、消え物にすると良いでしょう。地方によっては、お赤飯や紅白のお餅を添えたり、重い方が良いと評価する場合もありますので、ご親族向けの品は新郎新婦だけで決めず必ずご両親と相談することが大切です。

結婚式で喜ばれる引出物、喜ばれない引出物

結婚式で喜ばれる引出物、喜ばれない引出物

結婚式で式の出席者に送る引出物。何を選べばよいのか悩むところです。予算的に使える金額も限られてきますから、どのくらい奮発してよいのかもわかりづらいところです。引出物にいくら使うのか、というのも大切かもしれませんが、もっと大切なのは「何を送るのか」というところ。

参列してくれた感謝として送るものですから、あまりおかしなものを送るわけにもいきません、ここでは、結婚式の引出物として送りたいもの、送らない方が良いものをそれぞれ紹介します。人気なのは食器類やインテリア用品など。カタログギフトも無難でオススメ無難なところを挙げるとするなら、食器類やタオルギフトなどを選ぶのがオススメです。使い勝手がよく、数があっても困らないものになりますから、もらって困るということはあまりないでしょう。

また、カタログギフトなどを選ぶのも悪い選択ではありません。招待者側の方で中身を選ぶわけではありませんが、「招待者自身が品を選ぶことができる」という利点がありますから、これを好むという方も少なからずいます。

いずれにしても、あまりかさばらず、数があっても困らないような日用雑貨にするのがベーシックな選択になるでしょう。あまり実用性の低いものや、人によっては使わないようなものにしてしまうと、渡す側にとってはあまり嬉しくないものになってしまうかもしれません。もらって困るのは使い勝手が悪いもの一方で、引出物として評判が悪いのが使い勝手が悪いものです。

例えば、食器も数枚であれば喜ばれるかもしれませんが、ナイフやフォーク、ティーポットなど食器一式が揃ったものなどは比較的不評です。単純に重たいですし、人によっては「こんなの使わないよ・・・」というものも含まれていますから、有り難迷惑というものになってしまいます。

また、時々あるのは「新郎新婦の名前入りグッズ」などのようなもの。作った本人たちにとっては記念になるかもしれませんが、もらった側にとっては「正直ちょっと・・・」という印象になりがちです。ある程度華やかなものを選ぶ必要があるのは確かですが、実用性とのバランスも重要なのです。

「がっかり?嬉しい?引出物は何がいい?」

「がっかり?嬉しい?引出物は何がいい?」

結婚式で来賓がもらえる引出物には、貰って嬉しい物とがっかりするものがあります。
あくまで挙式がメインなので、おまけのようなものではありますが、選ぶ方は何を持って帰ってもらうか悩むところです。

いったいどんなものが喜ばれるのか、また逆にがっかりされるものは何なのでしょうか。
がっかりするものの代表は、お皿などの「食器類」です。定番でもあり無難でもある食器類ですが、なぜあまり喜ばれないのでしょうか。

それは主に、「重たい」「使う機会がない」「名前などが入っていて使えない」といった意見でした。
まず持って帰るのが大変というのが懸念点です。特に式でお酒を飲み、高揚した気分で二次会に行く人が多いため、重い荷物は何かと邪魔になります。

そして、いざ家に持って帰っても、ほとんどの家庭は食器が揃っているため、結局使わずにしまったままになってしまうのです。
いざ売ろうとしても、名前が入っているため、リサイクルショップなどで買い取ってもらえないことも多いのです。

また、食器類は多くの人が選びやすい定番となっているため、「またか」とがっかりしてしまうケースが多いようです。
逆に喜ばれるものは何でしょうか。多くの人は、「カタログギフト」が貰って嬉しかったと感じたようです。

カタログギフトとは、その中に載っている商品から好きなものを選ぶことができるというものです。
その時々で必要なものや欲しい物が選べたり、普段自分からは買おうと思っていなかったものも、プレゼント感覚で選ぶことができるのが特徴です。

その場で商品を持ち帰るという手間もなく、自分の好きなタイミングで商品を手に入れるので、非常に好評です。
特に、20代・30代と若い世代の人が、カタログギフトを好むという傾向がございました。

主役はあくまで挙式であり、また結婚する夫婦であるのですが、それでも引出物に何を貰えるかというのは、少し気になるところでもあり楽しみでもあります。
もし何を出すのか迷ってしまったら、カタログギフトを選択することをおすすめします。逆に無難だからといって食器類を選択するのは避けた方がよさそうです。