Browsed by
カテゴリー: Invitation

ペーパーアイテムは手作りで!低コストでセンスあふれる招待状の作り方

ペーパーアイテムは手作りで!低コストでセンスあふれる招待状の作り方

結婚式で使うペーパーアイテム。素敵なものを用意しようと思うと、案外コストがかかってしまうのが困りどころですよね。結婚式では予算内でどこにお金を掛けるのか?頭を悩ませる方も少なくないのでは?お祝いにかけつけて下さる招待客の皆さまに満足して頂けるようグレードの判りやすい食事には予算をたっぷり使いたい。という貴方。一生一度のドレスには絶対にこだわりたいという貴女。

ペーパーアイテムを手作りする事で、コストを抑えてみませんか?ペーパーアイテム作りは誤字のチェックや大変な面もありますが、想い出に残りますし、当日司会の方に「手作りです」と紹介して貰えば、招待客の皆さまにも喜んで貰えますよ。ペーパーアイテムを手作りする場合、節約できるお金はおおよそ7万円から10万円程度。元々手作りが好きな方やパソコン作業が得意な方でしたら、紙を選びデザインを考えて、オリジナリティあふれる招待状を作る事も可能です。

もう少し簡単にしたい方には、ウェディング用のデザインテンプレートソフトを購入したり、webサイトでも無料でペーパーアイテム用のイラストなどテンプレートを提供しているところもありますので、利用すると手軽になります。ぜひ調べてみてください。節約はしたいけれどパソコンに不慣れな方や手作りは難しそうという方は、紙や綴じ紐などがセットされた専用のキットが、ワープロソフトで文面を編集できるようなテンプレート込みで市販されていていますので、キットを使えば簡単に作る事ができます。

手作りならば、市販品では難しい招待状にゲストへのメッセージを入れる際に友人や親族で文面を変えるといったこともできますね。手作りする際に気を付けなければいけない事は、誤字脱字や間違いがないようにする事。特に招待客の方の会社名や肩書などは、正式な書き方になっているかどうか、プランナーさんなど第三者に必ずチェックして貰ってください。また、特に席次表は招待状の返信を貰った後に作る事になりますので、時間に余裕がない場合も。

心配な方は、全て手作りするのではなく、部分的に業者に頼むなど、安心にお金を払う事も必要かもしれません。素敵なペーパーアイテムで、想い出に残る結婚式を!

ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナー

ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナー

招待状の返信の仕方は、いろいろマナーがあるけど、逆に招待する側としてのマナーはいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。ゲストをお招きする大切なイベントですから、失礼なく招待したいものですよね。いつ送ればいいのか、どういった内容で送ればよいのか、事前に調べて、きちんと招待できるようにしましょう。

《挙式の2カ月前に送りましょう》
挙式、披露宴の2カ月前に送るのが一般的とされています。相手方の都合もありますから、あまり急なタイミングでは返信をせかすようですし、すでに予定が入っているという場合に相手に余計な気を使わせてしまいます。送る日にも気を使いたいものです。大安や友引といった日を選ぶと、見えないところで気配りができる点が、わかる人にはわかるものです。招待する相手が、すでに結婚しているという場合は、連名でご家族を招待します。招待は世帯ごとで連名にするようにして、例えば、2世帯同居の場合は、それぞれの世帯へ送ります。世帯主を代表として、連名には令夫人、またはご家族様としましょう。令夫人は、奥さまの名前がわからない場合に使いますが、名前がわかっていれば、そちらを使いましょう。名前を書く場合は、送る前に漢字があっているかをよく確認したうえで送りましょう。

《ひと手間加えて、素敵な式を演出しましょう》
2人の門出を祝ってくれるゲストには、心から式を楽しんでほしいものですが、それは式当日だけでなく、お誘いするところから心がけましょう。既製品のものでも良いのですが、一通ずつ、新郎新婦の気持ちを込めたいものですよね。様々な趣向を凝らして、ゲストに喜んでもらえるデザインやひと手間加えたものがやはり人気です。新郎新婦の人柄がわかるような写真付きのものであったり、封筒やはがきにちょっとした仕掛けを施すことでも、招待を受けたゲストは、お2人が幸せな結婚式を迎えようとしていることを知り、幸せを感じてくれることでしょう。また、本来であればゲストに送る招待状ですが、家族や親戚に送るのもありです。家族もまた、お2人の結婚を心からお祝いしてくれるのですから、記念として手元に置いておきたいという気持ちもあるのでしょう。なんにせよ、多くの方に祝ってもらえる大切な式であると同時に、ゲストや家族へ感謝の気持ちを伝える場への招待ですから、心を込めたものが送れるよう、心がけてください。

アイデア満載の招待状

アイデア満載の招待状

大事な二人の門出となる結婚式。その大切な瞬間に招待してもらえれば、大変うれしく感じますね。招待されると知っていても、招待状を手渡ししてもらったり、郵送で届くとやはり気分も上がります。このようなインビテーションカードは様々な種類のものがあり、新郎新婦も悩みどころでしょう。

意外にも受け取ったほうが保管していたり、写真に撮ったり、自分たちもおそらくずっと保管するものとなるので、気に入ったものを見つけていくことが大事になります。もちろん日本でも簡単で早いということでネットなどで注文する人がほとんどです。

結婚式までにはたくさん準備をすることがありますし、できるだけ手間を省きたいからです。しかし、ネットで注文してしまうと出来上がりが、自分が思っていたのと違ったり、質があまりよくなかったりと納得できないことがあります。

ですから、もしも早めにプロポーズを受け結婚式までに結婚時間の余裕があるという場合には、少しインビテーションカードにこだわりを加えてみるのは、どうでしょうか。最近、海外などで流行っているのが、「カレンダーカード」です。カードを開ければカレンダーになっていて、二人が結婚する日付にハートマークがついていて、大変見やすいものとなっています。

また飛行機のチケットのような招待状も、好評です。飛行機のイラストやバーコードなどをデザインに取り入れることで、ユーモアを取り入れることができます。旅行会社の人などが結婚する場合、このアイデアを参考にできるかもしれませんね。またかなり珍しいのが、きれいなお花模様のハンカチに結婚式の予定がプリントされているもの。

これは貰う側もうれしいプレゼントですし、せっかく呼ばれたのだから行こうという気持ちも高まるでしょう。結婚し胃にできるだけ自分たちが招待した人たちに来てもらうためにも、招待状を少し風変わりなものにしたり、アイデアが詰まったものにするなら、みんなの記憶に残るものとなるでしょう。

招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?

招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?

期限が書いてあるから、それまでに出せばいいんでしょ。というあなた。実は、マナー違反をしているかも!?・返信は、なるべく早めがマナーです結婚式の招待状には返信期限が書いてありますが、期限間近になっての返信は実はNGな行動です。

お祝い事ですので、慶びの気持ちを表すために、少しでも早く返事をするのが良いマナー。できれば招待状が届いてから2~3日以内。難しい場合でも1週間以内の返信を心がけましょう。お仕事の都合をつけなくてはいけない方、体調が思わしくなく出欠を迷ってしまうという方もあるかと思います。

1週間以内に返信が出せないような場合には、電話でその旨をお伝えしてください。どうしても都合がつかず欠席という場合も、まずは電話での連絡を行いましょう。電話ではまず結婚のお祝いを伝え、「予定を調整しているが、もしかしたら欠席になるかもしれない」「やむをえず欠席する」といった用件を伝えます。

その後予定が決まったら、招待状の返信を忘れずに。・返信の書き方は?招待状の返信は、ゲストに対して敬語で書かれています。そのままで返信すると、自分に対して敬語を使う事になりマナー違反。面倒なようですが、「御(ご)」「御芳」といった敬語は2本線で消して返信しましょう。

このとき、2本線の代わりに「寿」の文字を書いて消すとよりベターです。出席の場合は○でかこみ、「慶んで」「させていただきます」などの言葉を。メッセージ欄や空きスペースには「花嫁姿を楽しみにしています」「ご招待ありがとうございます」などのメッセージを書き添えると丁寧です。

このとき、「ご欠席」の字は2本線で消します。欠席の場合は「欠席」を○でかこみ「どうしても都合がつかず、申し訳ありません。お2人のご多幸を心よりお祈りしています」などのメッセージを添えましょう。

本来はマナー違反になりますが、最近ではごく親しいお相手で返信宛先が新郎新婦本人になっている場合には、イラストを書き添えるという方が増えているようです。「欠席」を2本線で消す代わりに可愛らしいイラストで隠してしまうといった工夫も。お相手との間柄が近しい場合は、素敵な記念になりそうですね。

もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

結婚式の招待状。もらったら了承してそのまま、なんてことにしていませんか?あるいは、普通の手紙と同じように返事を返していませんか?出席するにして欠席するにしても、招待状をもらったならきちんと返事を出しましょう。招待状はしっかりとした手紙ですから、それに応じた返信のしかたというものがあります。

マナーを習った返信を。書き方や返信期限に注意返信用はがきを送り、出席するのかどうかの意思をきちんと示します。人によっては、主賓や乾杯の音頭をお願いされたりもするでしょうから、その意志を示す必要もあります(基本的に、よほどの理由が無い限り、お願いされたら引き受けるようにしましょう)。

招待状を送った新郎新婦にとっては、できるだけ早く出席者の人数を把握したいところですから、返信は早い方がよいです。遅くとも1週間以内には返信するようにしましょう。返信はがきを送る場合、宛名の「行」の字は二重線で消し、代わりに「様」の字を加えましょう。

また、裏面の出欠席の記載についても出席する場合は欠席の文字を、欠席なら出席の文字を二重線で消しておきます。最後に、必ず必要なわけではありませんが、招待状の返事には祝福の一報を、それと招待していただいたことに対する感謝の意を必ず書くようにしましょう。もちろん、主賓を頼まれたなら、「喜んでお引き受けします」と書いておくのもマナーの一つです。欠席する時は理由を書く。

はっきり書きすぎないのがマナー何かの事情でどうしても欠席する時は、できるだけ早く返信して、出席できないという意志を伝えましょう。ただし、あまり直接的な書き方をすると相手方に失礼になってしまいます。結婚式の後も続くような関係であるのなら、欠席の理由の書き方には注意しましょう。

まず、欠席であっても祝福の意は必ず手紙で伝えましょう。それだけで、相手の印象が大分変わると思います。やむを得ず欠席する場合のも、言葉をきちんと選びましょう。できるだけ婉曲的になり、かつ礼を失さないようにするのがマナーとなります。また、出席の返信同様に、返信もできるだけ早くしましょう。

やむを得ず返信が遅れてしまう場合にも、電話を一本入れるなどして、「出席できない」という旨はきちんと伝えるのがマナーになります。

「こんな招待状の返し方はいかがですか」

「こんな招待状の返し方はいかがですか」

親しい友人の結婚式の招待状が届き、普通に返すのもつまらないな?、と思った事がある人もいるのではないでしょうか。
そんな人におすすめのハガキの返し方があります。参加することの喜びの気持ちを、まずは招待状から伝えたい、そんな人は是非参考にしてください。

まずは出席と欠席の欄をまるで囲む際のテクニックです。もちろん出席に丸をするのですが、それだけではつまらないです。実は最近はやっているのは、「欠席」の欄を絵を描いて消してしまうという方法なのです。ただボールペンで囲むだけではなく、出席の周りをイラストやデコレーションで装飾して、「出席」だけ見えるようにすると、非常にかわいらしくおしゃれに見えます。

欠席の文字が見えないという点も非常に重要であり、「あなたの結婚式に欠席するはずがない」という意思をそれとなく示しているというのがポイントです。
ただあまりごちゃごちゃしすぎて、結局出席するのか欠席するのか分からないと、逆に相手は困ってしまいます。「喜んで」などと書くとより分かりやすくなるでしょう。

次にメッセージです。最近はなかなか人に手紙を書く機会が減っております。その分手書きのメッセージは貴重なものとなるのです。心をこめて書くようにしましょう。自分に合った文面で書くのが一番です。本当に親しい間柄であれば、そこまで堅苦しい言葉は必要なく、結婚した事を本当に祝福していることが分かるシンプルなものが吉です。

そして、できれば二人共を祝うようなメッセージが良いとされております。参加する場合は、大抵は新郎か新婦どちらかの知り合いであり、どちらかとは面識がないケースが多いです。そんな時でも、「お二人の幸せをお祈りしております」といった二人に向けたメッセージは必ず入れるようにしてください。

普通に招待状を返すのはなんかイヤだな?と思っている、そんなあなた。ちょっと凝った返し方をして、相手により好印象を与えてみてはいかがでしょうか。
せっかくのお祝いの舞台です。挙式当日だけではなく、最初の返事の段階から気合を入れて、自分も相手も目一杯盛り上げてください。