Browsed by
カテゴリー: Letter

【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】

【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】

結婚式が無事に終わったら、参列してくれた人に「お礼状」を出しておきたいもの。結婚式後は、式が終わった解放感と新婚旅行や慣れない生活でバタバタしがちですが、お礼状は是非押さえておきたいマナーです。今回は色々なお礼状の書き方を紹介したいと思います!【そもそも「お礼状」って必要??】結婚式に参列した後、心のこもったお礼状が届いて嬉しくなった経験はありませんか?逆に結婚式に行ったけれど、その後何の連絡も無いと「もしかして人数合わせだったのかな…」と悲しくなってしまうことも。

参列してくれる人は、お金をかけて時間をかけてお祝いに駆け付けてくれています。その御礼をきちんとした形で伝えることは大人として大切なマナーですよね。フランクな友達であっても、遠くの親戚であっても、感謝の気持ちは是非伝えましょう!【立場によって書き分けてOK!!】結婚式の「お礼状」いったいどう書けばいいの?と思った人は、相手の立場によって書き分けると内容を考えやすくなります。自分より目上の会社関係の人、親戚の人などには礼儀正しいきちんとした文面を書くようにします。

拝啓から始まり、時候のあいさつ、お礼、今後の抱負を述べましょう。新婚カップルに対して「これからも何か支えになりたい、協力したい」と思わせる内容にするのがポイント。差出人は二人連名で、結婚式をした二人からのお礼にすることが大切です。親しい間柄の場合はメッセージカードでも大丈夫。イラストや写真入りだと喜ばれます。砕けた内容でも感謝の気持ちをしっかり書いてくださいね。【特にお礼を伝えるべき人って??】結婚式で何かをお願いした人は、お礼状でもその件に触れておきましょう。

主賓やスピーチ、受付や二次会幹事、余興をお願いした人には、当日感謝の意を伝えていたとしても改めてお礼状で気持ちを伝えます。こういった人たちの協力があるからこそ、結婚式は挙げられるものです。結婚式のお礼状は、義務として考えたのでは内容が薄っぺらいものになってしまいます。大切なのは「感謝の気持ち」。受け取った相手が笑顔になるような素敵なお礼状を書けるといいですね!

喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状

喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状

結婚式に来てくれたゲストの方へ、また当日は式に参加できなかったけど、祝ってくれた親戚や友人に、感謝の気持ちを込めてお礼状を送りましょう。式が終わったからといって、そこでおしまいというわけではありません。式に参加してくれた方へのお礼、式に参加できなかった方に、無事に式が終わったこと、祝電やスピーチをしてくれた方へのお礼など、やることは意外と多いのです。どうしても式そのものの準備もあり、お礼の手紙をしたためるのは遅れがちになりますが、式の前から、できる限りの準備は行っておきましょう。結婚式のあとで、そのまま新婚旅行に出掛けられるという場合は、旅行の期間にもよりますが、新婚旅行の様子などもお伝えできると良いと思います。

《式へ参加してくれた方へ送る場合》
式へ参加してくれた方には、参加してくれたことのお礼を述べる手紙をしたためましょう。季節の挨拶とともに、忙しい中、式に参加していただいたことへのお礼。また、これから温かな家庭を築く事を表明し、その中でもお世話になるであろう旨を書きます。署名には、2人の連名を書き添えます。文章だけのはがきでも構いませんが、最近では写真入りのものも増えてきていますから、式当日の様子がわかる写真で飾るのもよいでしょう。

《式に参加できなかった方へ送る場合》
式に参加できなかったという方へも、お礼は欠かせません。ご祝儀をいただいている場合、引出物をお渡しできていないと思いますので、記念の品も送りましょう。可能であれば、直接手渡しするとよいでしょう。式が無事に終わったという事と、今後ともお世話になることをお伝えします。

《特別な方への感謝も忘れずに》
式に参加してくれたゲストの方はもちろんのこと、そのほかにも、仲人や主賓、祝電をいただいた方へは、ほかのゲストとは違った形でお礼を申し上げるのが通常です。特に、会社の上司や目上の方には直接挨拶に行くとよいでしょう。また、意外と忘れがちなのが結婚式会場の関係者へのお礼です。式を準備してくれたスタッフやプランナーの方へは、はがきとともに手土産を持参しましょう。多くの方の協力の下、無事に式が挙げられたことを実感すれば、今後の結婚生活へ弾みがつくというものです。

お礼状は最後の締め

お礼状は最後の締め

結婚式に呼ばれたらお祝いの気持ちを込めて、お金を包むことが当たり前になっています。もちろん義務ではありませんが、多くの人がお金によって式をするにあたりかかった費用の負担を軽減してくださるのです。もしも一人3万円と考えて100人の出席者がいたら、単純計算で300万円もの大金を頂くことになります。

ですから、そのお礼として挙式後、もしくは新婚旅行から帰ったのちにすぐにお礼状を書きましょう。もちろんシンプルに文字だけのメッセージカードでも構いませんが、二人の結婚が思い出に残るように写真付きのはがきなどでお礼を述べることができるでしょう。しかし、誰にお礼をいうかによって内容も少し変えることもできます。

例えば結婚祝いをくださった方の中には式に欠席した方もいらっしゃいます。そのような方に出席者全員が映っている集合写真のポストカードを送っても、その場にいなかった人に」とってはあまりしっくりしないかもしれません。ですから、欠席された方には新郎新婦二人だけの写真に「結婚しました」という報告はがきを送りましょう。

そして式に来てくださった方に「結婚しました」の報告はおかしいので、「来てくれてありがとう」など出席してくださったことに感謝を示すものにするといいでしょう。そして贈る相手によってメッセージを変えること、そしてもしも何かしらのプレゼントなど頂いたのなら、それに対する感想も入れてみましょう。

そしてこのお礼状、単にお金をくださったことだけではなく、祝電を送ってくださった方、そして祝辞やスピーチをしてくださった方にも送る必要があります。「結婚式で心温まる祝辞をいただきまして、誠にありがとうございました」などと書くと、話したほうは引き受けてよかったと思ってくださるでしょう。

結婚式がすんでも、お世話になった方すべてにお礼状によって挨拶を済ませることで、やっとすべての段階を踏んだといえます。時間も手間もかかりますが、感謝の気持ちを込めて行いましょう。

手書きのお礼状で、気配り上手と呼ばれたい!

手書きのお礼状で、気配り上手と呼ばれたい!

結婚式が終わって、ほっと一息。夫婦でしばらくはゆっくり過ごしたい。ついそう思ってしまいますが、実はまだやることがたくさんあるこの時期。お祝いを頂いた方へ、お礼状は出しましたか?メールやSNSでのやり取りが基本となった現在ですが、結婚や出産といった大切な節目のときには目上の方へはお手紙をお送りしたいもの。

出す立場となるとつい「書くのが面倒……」と思ってしまう気持ちはわかりますが、やはり心のこもった手紙を貰うのはうれしいものですよね。きちんとしたお礼状を出せば、気配り上手とあなたの株が急上昇するかもしれませんよ。便箋と封筒目上の方へお出しする場合、正式には白の無地便箋に縦書き、白の二重封筒に入れてお出しします。

慶事の場合には、白、金、銀などで花柄などおとなしめの柄が入っている物でしたら可とされる方も多いようです。切手についても、慶事用切手か普通切手が無難ですが、親しい方でしたら、郵便局で作れるフレーム切手はいかがでしょうか?写真やイラストを切手にしてもらえますから、ウェディングドレスとタキシード姿を切手にしてお送りすることもできます。

何を書けばいい?定型文を書いて終わりにしてしまいがちですが、一言添えるだけでグッと気持ちがこもります。例えば、頂いたお祝いでこういった物を購入し新生活で役立っています。プレゼントを使っていますなどの一言があれば、お祝いした甲斐もあると思われるもの。くれぐれも、お名前の書き間違いがないよう注意しましょう。

また、重ね言葉や忌み言葉はタブーです。よくある「まだまだ未熟な私たちですが」などという言い回しも、重ね言葉になりますので避けましょう。結婚に伴う「転居」を文面で報告する際は、「新居にはいる」などと言い換えることができます。正式なお手紙では句読点は使いませんので注意しましょう。

手書きでというのが一番ですが、字に自信がない方は手書き風文字フォントを活用するという裏技も。無料で使えるフォントがインターネットに公開されていますので、どうしても手書きは苦手という方は、手書き風印刷をお試しを!

結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

挙式するまでが「結婚式準備」ではない結婚式は挙式前にいろいろと準備が必要になるイベントでもありますが、挙式が終わった後にも仕事が残っています。招待状を送って、会場のテーブルや料理のメニューをそろえて、主賓や乾杯の音頭を取る人を決めて、と言った前準備も大切です。

実際の式場できちんとスピーチをしたり、参列者に声をかけてまわるのも必要です。もちろんそれはそれで大変な部分もあるのですが、それで終わっては参列者にとって失礼になってしまうかもしれません。出席者の中には礼節にこだわる方もいるでしょうから、後味が悪くならないためにも、その点はぬかりなく進めていきたいものです。そのための配慮の一つが、お礼状を送るというものです。

主賓の方や仲の良い友人など、式に招待した中でも特に自分たちにとって近しい人たちに、出席してくれた感謝を込めて、お礼状を送るのもマナーの一つです。当日きちんとお礼したし、引出物も渡したから大丈夫だろうと考える人もいるかもしれませんが、形式としては重要なのでしっかりと行うようにしましょう。

それぞれの人にふさわしいお礼の言葉を。記念写真などを同封するのも大切お礼状を送る人にもいろいろな人がいますから、それぞれに送る言葉はしっかりと使い分けたいところです。家の近い知人であれば、「これからもよろしくお願いします」という言葉を、昔の先生であれば「先生の言葉を忘れずに」と言った訓示の言葉を、あるいは親しい友人であれば、「これからもよろしくね」という言葉を送りましょう。

どちらにしても、結婚はゴールではなくてスタートですから、新しく始まる人生を潤沢にするために、これからお世話になるであろう人たちに「これからもよろしくお願いします」という気持ちを伝えるのが大切です。また、結婚式での記念写真などを同封するのも心遣いとして大切です。思い出として相手にも自分たちのことを覚えていてもらえますし、実用的な引出物だけでは味気ない部分もあります。

言葉だけでは伝えきれない幸せな気持ちを、写真を通じて伝えましょう。そして、乾杯の音頭を取ってくれたかた、主賓を務めてくれた方などには、とりわけその感謝を伝えるようにしましょう。

「お礼状は早めに出すことが大事」

「お礼状は早めに出すことが大事」

結婚式が終わった後もやらなければならないことがあります。それはお礼状を出すことです。
参加していただいた方に、なるべく早めに出すことが大事だとされております。
これは、出席したことへの感謝を述べるものであり、こういったものは早く行うのがマナーです。
挙式後に新婚旅行に行く方もいらっしゃいますが、旅行先から絵ハガキなどで出すか、帰ってきたらすぐに書くようにしましょう。

では、実際に書く時はどんなことに注意すればよいのでしょうか。実はそこまで堅苦しいルールやマナーなどはありません。
大切なのは、参加いただいた事に対しての感謝の気持ちと、二人とも喜んでいる事、そしてこれからもお付き合いしてほしいと伝えることです。
インターネットなどで、文例や例文は載っております。

もし不安がある人はそういった形式に沿って書くのがよいかもしれません。ただし、親しい方に対してあまり堅苦しい文章になると、感謝の気持ちが伝わりにくくなります。

参考にするのは冒頭の挨拶文程度にし、その後は自分の言葉で書くのが良いでしょう。書く時は必ず手書きにしてください。
近年はパソコンで文章を書く機会が多いのですが、お礼状は手書きがマナーです。利用するのは便箋でもハガキでも、どちらも問題ありません。

正式なものは便箋に縦書きをするものですが、これは主賓の方だけでも大丈夫です。
親しい間柄の方であれば、横書きでもハガキでも構いません。

先ほども書きましたが、大切なのは自分の感謝の気持ちを相手に伝えることです。自分らしい字で丁寧に書けば、それだけ相手にも気持ちは伝わるものなのです。
そして、最後の連名は必ず二人の名前を入れるようにしてください。お礼状を出すか出さないかで迷う人もいらっしゃいますが、よほどのことがない限り、必ず出すようにしましょう。

結婚式に参加してくれた人は、今後もお付き合いをする人がほとんどです。こうした基本的なことをできなければ、
周りから印象が悪くなってしまうこともあります。挙式が終わってホッとしたい気持ちも分かりますが、もうひと踏ん張り頑張りましょう。