Browsed by
カテゴリー: Reply

【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】

【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】

結婚式の招待状が来たら「必要事項だけ書いてポストに投函」はNGです!今回は大人のマナーとして知っておきたい招待状の返信のしかたと、知っておきたい+αの知識を紹介したいと思います。【招待状が来たら、”すぐに”返事を!!】結婚式の招待状が来る前に、ほとんどの場合結婚するカップルから直接連絡が来ていることと思います。そのため招待状が来ても、「出席するってもう伝えてあるし…」とついつい返信が遅くなりがち。

でもおめでたい良き日の招待状だからこそ、その祝福の想いを「早く返事を出す」ことで相手にしっかり届けましょう。【押さえておきたい基本的なこと】結婚式の招待状が届いたら、丁寧な「返事」をしましょう。ペンの色は黒。本来は万年筆や毛筆ペンがベストですが、それでなくても失礼ではありません。ただしボールペンは避けましょう。こういった時のために、良くインクの出る書きやすいペンを持っておくと何かと重宝しますよ。

招待状の返信は”御出席”または”御欠席”の該当する方の”御”の部分を二重線で消し、出席か欠席を丸で囲みます。該当しない方は全て二重線で消しましょう。”御住所”の”御”の部分、”御芳名”の”御芳”の部分も忘れずに消します。返事の相手の宛名の”行”の部分を消し、”様”に書き直すことも忘れないようにしましょう。【+αで心がけたいことって??】空いている部分にお祝いの言葉を書き添えます。その際句読点を付けないほうが良いとされています。

「縁が切れてしまう」という事を意味する「、」や「。」は昔お祝いごとに使うのを避けされていました。返事は結婚する二人が目にし、また場合によっては相手の親が見る機会もあるかもしれません。フランクすぎず丁寧な返事を心がけましょう。小さなものであれば上品なシールやスタンプを付けてもOK。そのひと手間がとても喜ばれますよ。結婚式招待状の「返事」は小さいことのようで、しっかり対応したいとても大切なことです。

ご招待を頂いた際には、マナーを守って、おめでとうの気持ちがきちんと伝わるように、相手を祝福してあげましょうね。

意外と知らない結婚式の招待状の返事マナー

意外と知らない結婚式の招待状の返事マナー

結婚式の招待状が届いた場合、口頭や電話ではなく、きちんと返事しなくてはいけません。ただし、ただ単純に返信すればよいというわけではありません。そこには守るべきマナーがありますので、そのマナーを踏まえた、きちんとした返信を心がけましょう。式に参加するうえで、新郎新婦の門出に、祝いの意思を伝える最初のイベントでもありますので、気持ちの伝わる返信を心がけましょう。

《出席する場合の書き方》
御出席・御欠席とありますが、出席の場合、御出席の「御」と「御欠席」には、2重線を引いて消すのは有名ですが、そのほかにも消す文字があることをご存じでしょうか。参加者であるあなたの住所や名前を書く欄には「御住所」や「御芳名」とあると思いますが、こちらの「御」や「御芳」も2重線で消しておくようにしましょう。式に誘っていただいたことに対して、誘っていただいたことに感謝を込めて、参加させていただくことを伝えましょう。出席のあとに、「させていただきます」であったり、出席の前に「喜んで」を加えて、文章とする場合もありますが、相手方が書いた字を利用するのは失礼ですから、出席に丸をしたうえで、あらためて「喜んで出席させていただきます」としたほうが良いでしょう。その際に、お2人の結婚を祝福する言葉と、一言添えると喜んでいただけるでしょう。

《欠席する場合の書き方》
欠席する場合も、「御出席」や「御」、御住所の「御」、御芳名の「御芳」を2重線で消しておくのはもちろんですが、大切なのは欠席することを一言添えておくこと。2人が結婚するという事を祝う言葉と、式に招待していただいたことの感謝の気持ちを書き添えます。そのうえで「やむを得ない事情により欠席させていただきます」と添えましょう。欠席の理由をこまごまと書く必要はありませんが、参加したかったけど、参加できない旨を伝えます。ただし、参加しないからと言って、それっきりというわけにはいきません。なにか気の利いた品を贈るのもありですが、返信とは別に式当日に届くように、お2人の結婚を祝う内容の祝電を送り、お2人の今後の結婚生活を祝う気持ちを伝えましょう。きっと、新郎新婦に喜んでいただけるはずです。後日、改めて挨拶に伺い、ご祝儀か、それ相応の祝いの品をお渡しするという事も忘れないようにしたいものです。一般的に、欠席の場合、渡す予定だったご祝儀の2分の1か、3分の1の金額、品を贈るとされていますが、あくまでも一般的なものですので、金額や内容にはとらわれず、心を形とすることが大切です。

出欠返信にもマナーは大事

出欠返信にもマナーは大事

結婚式に呼ばれると一番最初に考えるのが、いけるかどうか。女性の場合なら洋服が一番かもしれませんが、予定が合わなければどれだけ行きたくても行くことはできません。招待状が届いたら返信は2~3日のうちにしましょう。予定の調整のためでも1週間以内には返事をする必要があります。

これは新郎新婦は確定した出席者によって、必要な食事の数やテーブルのグルーピングなどするため、遅れると大変迷惑になります。また出欠は必ず返信用のはがきをだしましょう。どれだけ親しいから、もしくはそんなに仲良くないのでと思っていても、電話やメールで伝えるのはマナー違反です。

招待状にはほとんどの場合返信用はがきがついているのですが、返信の仕方にもマナーがあります。正式な文書は、毛筆、筆ペン、もしくは黒の万年筆を使うことが礼儀とされています。最近では水性の黒色のボールペンもいいとされていますが、見た目があまり美しくないためおすすめはできません。

もちろん、青やグレーなどの色のものはマナー違反です。そして、返信用はがきのあなたの名前の上には必ずと言っていいほど、「御」や「芳」がついています。それは二重線で消します。漢字一文字の場合は斜めの線で、そして二文字以上の場合は縦線で消すのが正しいです。決して×マークや塗りつぶしたりしないようにしましょう。

そして忘れがちなのは、宛名の下には「行」と書かれているので、それも二重線で斜めに消し、「様」に治しましょう。表のあて名のほうは、忘れがちになるのでしっかりと確認しましょう。そして単に出欠の返事をするだけではなくお祝いのメッセージも余白のところに書きます。

宛名が両親の場合には、親にあてたメッセージなども記しましょう。残念ながら結婚式に出席できない場合、お詫びの言葉を添えて、簡単に欠席の理由などを記すのもいいかもしれません。返事の仕方一つにもマナーが求められるため、お祝いの気持ちを込めて返信しましょう。

まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信

まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信

お祝いの席へのご招待を頂いたら、どうしますか?最新の招待状返信事情をご紹介します。まずは、基本のマナー返信の期限間近になって「忘れていたけど、間に合った!」は実はNGです。お祝い事ではなるべく早くお返事するのがマナーですので、くれぐれも忘れないように早めの返信になるよう気を付けましょう。

お返事を書く際、「御(ご)」「御芳」は、あなたに対しての敬語のため、そのままですと自分に敬語を使う事になってしまいますので、横2本線で消します。出席の場合には「出席」を○で囲み、「慶んで○させていただきます」など書き添えると丁寧です。

この場合は「ご欠席」も2本線で消します。余白やメッセージ欄には「花嫁姿を楽しみにしています」「お幸せに」など、お祝いのメッセージを。忘れてしまいがちなのは、裏面の宛先。宛先となる方のお名前の下に「行」と書かれていると思います。これは相手方の謙譲語になりますので、二本線で消し「様」と書き直しましょう。

親しい友人には、少しマナー違反だけれど可愛く素敵な返信の仕方も通常はただの二本線で「欠席」や「御」の字を消しますが、最近では親しい友人への返信では素敵な絵やシールで欠席の字を隠すのが流行っています。欠席の字がなかったように隠してしまえば、よりお祝いの気持ちが高まりますね。オシャレで大人っぽいお友達ならシンプルシックなイラストを。新郎新婦が好きなキャラクターの絵を書き添えたり、ストーリーのある絵柄にしてみたりと、手間暇はかかりますがとてもオシャレで、お互いに良い記念になります。

絵の苦手な方は、かわいい柄のシールやマスキングテープで飾っても。ただし、絵を書き添えるのは本来はマナー違反になりますので、どなたへの返信でもしていいのではなく、親しい友人からの招待で、返信宛先が新郎新婦本人という場合のみにしくのが無難です。返信の宛先が新郎新婦のご両親という場合や目上の方からのご招待という場合には、マナー違反が嫌がられる事も考えられますので避けた方が良いでしょう。返信はお祝いの第一段階。マナーを優先するか、オシャレに記念になるよう工夫するかは、新郎新婦との普段の関係で判断してください。

好感度アップな招待状の書き方

好感度アップな招待状の書き方

結婚式の招待状を書く場合、書く側の気配り一つでいろいろな工夫が可能となります。基本的には祝いの席になるわけですし、多くの人に来てもらいたいと思うもの。その工夫で出席者の人数が劇的に変わったりはしないかもしれませんが、「行ってみたいな」と相手方に思ってもらえるように、手紙の書き方をこだわることはできるはず。せっかくの挙式ですから、そういう点にこだわってみるのも悪くはないはず。

ここでは、結婚式の招待状の書き方のコツについてご紹介します。送る相手の気持ちになって書く招待される相手にもいろいろな方がいます。高齢の方やすでに結婚されている方、昔の恩師、今はそれほど会えていない昔の親友など、さまざまです。基本的な内容はそれほど変わらないかもしれませんが、相手の窮状に応じていろいろな言葉を付与していくと、相手の印象も変わっていくかもしれません。

例えば、遠方から招いた人には式場の地図以外にも最寄り駅や道順などを記載しておくとか、あるいは一人で出席される人のために、近い人や趣味の合いそうな方を紹介しておくとか、そういう配慮です。当時の料理の紹介やドレスコードなども記載しておくといいかもしれません。

結婚式は初めてという方、お子さま連れの方、さまざまな事例に対して配慮できるようにしておくのが招待する側のマナーだと言えるでしょう。招待状のデザインなどにもこだわってみるまた、結婚式の招待状としてできるのが、はがきのデザインやレイアウトを凝ってみるということです。

葬儀などとは違って祝福の席となりますから、できるだけ華やかに演出するにこしたことはありません。ハガキ本体はもちろん、封筒などのレイアウトを一風変わったもの、華やかなものにデザインすることによって、送られる相手の印象や返事の内容も変わってくるものです。

いずれにしても、一生に一度あるかないかの機会ですから、「こうしたい」という自分たちのビジョンはいくらでも試していけるはずです。プランナーの方と相談してみたり、経験者からアドバイスを聞いてみたりで創意工夫の幅も出てくるはずですから、できるところはどんどんこだわっていって、招待した人にも幸せになってもらえるような結婚式を演出しましょう。

「招待状の返し方」

「招待状の返し方」

結婚式の招待状の返事をする際のマナーをご存じでしょうか?出席か欠席に丸をして、一言コメントを書いてだすだけなので、そこまで気に留めないかも知れません。
しかし実は知っておかないと恥をかいてしまう可能性があります。基本的なことから説明していきたいと思います。

まずは期限です。たいてい返信期限が記載されているものですが、やはり早めに出すのがマナーです。
遅くとも到着してから1週間以内には返信するようにしましょう。結婚式の準備は何かと時間もかかりますし、
大変な作業です。せめて人数は早めに決まるように、協力してあがる必要があります。いくら親しくても、電話やメールで出欠を伝えるのはやめましょう。

ただ、もし期限以内に返信できない場合は、その旨を先方に伝えるのは問題ありません。最終的な出欠は必ずハガキで返信するのがマナーとなります。

次にハガキの記載の仕方です。書く時は、必ず黒色のものを利用しましょう。万年筆でもボールペンでも構いません。
出席か欠席のどちらか一方を選んでまるで囲みます。出席する際は、喜んでと一言添えるとより好印象です。
余白にメッセージを書き添えることで、よりお祝いの気持ちが相手に伝わります。

逆に欠席する場合は、すぐに返信するのはよくありません。ハガキが到着してから数日待って返信しましょう。
ハガキには、お祝いの言葉と欠席の理由、そしてお詫びの言葉を記載するようにしましょう。欠席の理由は、多忙だからというのは失礼にあたるので避けましょう。
もし身内に不幸があったなどの少し暗い理由があれば、はっきりと書かずに少し濁して書きましょう。

そして、ハガキの宛名の最後の「行」は「様」に変更してください。
御や御芳といった言葉は、自分に対する敬語なので、返信する時は二重線か斜線で消すのがマナーとなります。

いかがでしたか?知っている人がほとんどだと思いますが、これから初めて結婚式に参加する人は、
返事の返し方の基本となる事なので、是非参考にしていただければと思います。

結婚式はいろいろと知っておかなければならないことがあるのですが、まずハガキの返し方から覚える必要があるのです。