Browsed by
月別: 2016年1月

結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

挙式するまでが「結婚式準備」ではない結婚式は挙式前にいろいろと準備が必要になるイベントでもありますが、挙式が終わった後にも仕事が残っています。招待状を送って、会場のテーブルや料理のメニューをそろえて、主賓や乾杯の音頭を取る人を決めて、と言った前準備も大切です。

実際の式場できちんとスピーチをしたり、参列者に声をかけてまわるのも必要です。もちろんそれはそれで大変な部分もあるのですが、それで終わっては参列者にとって失礼になってしまうかもしれません。出席者の中には礼節にこだわる方もいるでしょうから、後味が悪くならないためにも、その点はぬかりなく進めていきたいものです。そのための配慮の一つが、お礼状を送るというものです。

主賓の方や仲の良い友人など、式に招待した中でも特に自分たちにとって近しい人たちに、出席してくれた感謝を込めて、お礼状を送るのもマナーの一つです。当日きちんとお礼したし、引出物も渡したから大丈夫だろうと考える人もいるかもしれませんが、形式としては重要なのでしっかりと行うようにしましょう。

それぞれの人にふさわしいお礼の言葉を。記念写真などを同封するのも大切お礼状を送る人にもいろいろな人がいますから、それぞれに送る言葉はしっかりと使い分けたいところです。家の近い知人であれば、「これからもよろしくお願いします」という言葉を、昔の先生であれば「先生の言葉を忘れずに」と言った訓示の言葉を、あるいは親しい友人であれば、「これからもよろしくね」という言葉を送りましょう。

どちらにしても、結婚はゴールではなくてスタートですから、新しく始まる人生を潤沢にするために、これからお世話になるであろう人たちに「これからもよろしくお願いします」という気持ちを伝えるのが大切です。また、結婚式での記念写真などを同封するのも心遣いとして大切です。思い出として相手にも自分たちのことを覚えていてもらえますし、実用的な引出物だけでは味気ない部分もあります。

言葉だけでは伝えきれない幸せな気持ちを、写真を通じて伝えましょう。そして、乾杯の音頭を取ってくれたかた、主賓を務めてくれた方などには、とりわけその感謝を伝えるようにしましょう。

結婚式で喜ばれる引出物、喜ばれない引出物

結婚式で喜ばれる引出物、喜ばれない引出物

結婚式で式の出席者に送る引出物。何を選べばよいのか悩むところです。予算的に使える金額も限られてきますから、どのくらい奮発してよいのかもわかりづらいところです。引出物にいくら使うのか、というのも大切かもしれませんが、もっと大切なのは「何を送るのか」というところ。

参列してくれた感謝として送るものですから、あまりおかしなものを送るわけにもいきません、ここでは、結婚式の引出物として送りたいもの、送らない方が良いものをそれぞれ紹介します。人気なのは食器類やインテリア用品など。カタログギフトも無難でオススメ無難なところを挙げるとするなら、食器類やタオルギフトなどを選ぶのがオススメです。使い勝手がよく、数があっても困らないものになりますから、もらって困るということはあまりないでしょう。

また、カタログギフトなどを選ぶのも悪い選択ではありません。招待者側の方で中身を選ぶわけではありませんが、「招待者自身が品を選ぶことができる」という利点がありますから、これを好むという方も少なからずいます。

いずれにしても、あまりかさばらず、数があっても困らないような日用雑貨にするのがベーシックな選択になるでしょう。あまり実用性の低いものや、人によっては使わないようなものにしてしまうと、渡す側にとってはあまり嬉しくないものになってしまうかもしれません。もらって困るのは使い勝手が悪いもの一方で、引出物として評判が悪いのが使い勝手が悪いものです。

例えば、食器も数枚であれば喜ばれるかもしれませんが、ナイフやフォーク、ティーポットなど食器一式が揃ったものなどは比較的不評です。単純に重たいですし、人によっては「こんなの使わないよ・・・」というものも含まれていますから、有り難迷惑というものになってしまいます。

また、時々あるのは「新郎新婦の名前入りグッズ」などのようなもの。作った本人たちにとっては記念になるかもしれませんが、もらった側にとっては「正直ちょっと・・・」という印象になりがちです。ある程度華やかなものを選ぶ必要があるのは確かですが、実用性とのバランスも重要なのです。

好感度アップな招待状の書き方

好感度アップな招待状の書き方

結婚式の招待状を書く場合、書く側の気配り一つでいろいろな工夫が可能となります。基本的には祝いの席になるわけですし、多くの人に来てもらいたいと思うもの。その工夫で出席者の人数が劇的に変わったりはしないかもしれませんが、「行ってみたいな」と相手方に思ってもらえるように、手紙の書き方をこだわることはできるはず。せっかくの挙式ですから、そういう点にこだわってみるのも悪くはないはず。

ここでは、結婚式の招待状の書き方のコツについてご紹介します。送る相手の気持ちになって書く招待される相手にもいろいろな方がいます。高齢の方やすでに結婚されている方、昔の恩師、今はそれほど会えていない昔の親友など、さまざまです。基本的な内容はそれほど変わらないかもしれませんが、相手の窮状に応じていろいろな言葉を付与していくと、相手の印象も変わっていくかもしれません。

例えば、遠方から招いた人には式場の地図以外にも最寄り駅や道順などを記載しておくとか、あるいは一人で出席される人のために、近い人や趣味の合いそうな方を紹介しておくとか、そういう配慮です。当時の料理の紹介やドレスコードなども記載しておくといいかもしれません。

結婚式は初めてという方、お子さま連れの方、さまざまな事例に対して配慮できるようにしておくのが招待する側のマナーだと言えるでしょう。招待状のデザインなどにもこだわってみるまた、結婚式の招待状としてできるのが、はがきのデザインやレイアウトを凝ってみるということです。

葬儀などとは違って祝福の席となりますから、できるだけ華やかに演出するにこしたことはありません。ハガキ本体はもちろん、封筒などのレイアウトを一風変わったもの、華やかなものにデザインすることによって、送られる相手の印象や返事の内容も変わってくるものです。

いずれにしても、一生に一度あるかないかの機会ですから、「こうしたい」という自分たちのビジョンはいくらでも試していけるはずです。プランナーの方と相談してみたり、経験者からアドバイスを聞いてみたりで創意工夫の幅も出てくるはずですから、できるところはどんどんこだわっていって、招待した人にも幸せになってもらえるような結婚式を演出しましょう。

もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

結婚式の招待状。もらったら了承してそのまま、なんてことにしていませんか?あるいは、普通の手紙と同じように返事を返していませんか?出席するにして欠席するにしても、招待状をもらったならきちんと返事を出しましょう。招待状はしっかりとした手紙ですから、それに応じた返信のしかたというものがあります。

マナーを習った返信を。書き方や返信期限に注意返信用はがきを送り、出席するのかどうかの意思をきちんと示します。人によっては、主賓や乾杯の音頭をお願いされたりもするでしょうから、その意志を示す必要もあります(基本的に、よほどの理由が無い限り、お願いされたら引き受けるようにしましょう)。

招待状を送った新郎新婦にとっては、できるだけ早く出席者の人数を把握したいところですから、返信は早い方がよいです。遅くとも1週間以内には返信するようにしましょう。返信はがきを送る場合、宛名の「行」の字は二重線で消し、代わりに「様」の字を加えましょう。

また、裏面の出欠席の記載についても出席する場合は欠席の文字を、欠席なら出席の文字を二重線で消しておきます。最後に、必ず必要なわけではありませんが、招待状の返事には祝福の一報を、それと招待していただいたことに対する感謝の意を必ず書くようにしましょう。もちろん、主賓を頼まれたなら、「喜んでお引き受けします」と書いておくのもマナーの一つです。欠席する時は理由を書く。

はっきり書きすぎないのがマナー何かの事情でどうしても欠席する時は、できるだけ早く返信して、出席できないという意志を伝えましょう。ただし、あまり直接的な書き方をすると相手方に失礼になってしまいます。結婚式の後も続くような関係であるのなら、欠席の理由の書き方には注意しましょう。

まず、欠席であっても祝福の意は必ず手紙で伝えましょう。それだけで、相手の印象が大分変わると思います。やむを得ず欠席する場合のも、言葉をきちんと選びましょう。できるだけ婉曲的になり、かつ礼を失さないようにするのがマナーとなります。また、出席の返信同様に、返信もできるだけ早くしましょう。

やむを得ず返信が遅れてしまう場合にも、電話を一本入れるなどして、「出席できない」という旨はきちんと伝えるのがマナーになります。

「お礼状は早めに出すことが大事」

「お礼状は早めに出すことが大事」

結婚式が終わった後もやらなければならないことがあります。それはお礼状を出すことです。
参加していただいた方に、なるべく早めに出すことが大事だとされております。
これは、出席したことへの感謝を述べるものであり、こういったものは早く行うのがマナーです。
挙式後に新婚旅行に行く方もいらっしゃいますが、旅行先から絵ハガキなどで出すか、帰ってきたらすぐに書くようにしましょう。

では、実際に書く時はどんなことに注意すればよいのでしょうか。実はそこまで堅苦しいルールやマナーなどはありません。
大切なのは、参加いただいた事に対しての感謝の気持ちと、二人とも喜んでいる事、そしてこれからもお付き合いしてほしいと伝えることです。
インターネットなどで、文例や例文は載っております。

もし不安がある人はそういった形式に沿って書くのがよいかもしれません。ただし、親しい方に対してあまり堅苦しい文章になると、感謝の気持ちが伝わりにくくなります。

参考にするのは冒頭の挨拶文程度にし、その後は自分の言葉で書くのが良いでしょう。書く時は必ず手書きにしてください。
近年はパソコンで文章を書く機会が多いのですが、お礼状は手書きがマナーです。利用するのは便箋でもハガキでも、どちらも問題ありません。

正式なものは便箋に縦書きをするものですが、これは主賓の方だけでも大丈夫です。
親しい間柄の方であれば、横書きでもハガキでも構いません。

先ほども書きましたが、大切なのは自分の感謝の気持ちを相手に伝えることです。自分らしい字で丁寧に書けば、それだけ相手にも気持ちは伝わるものなのです。
そして、最後の連名は必ず二人の名前を入れるようにしてください。お礼状を出すか出さないかで迷う人もいらっしゃいますが、よほどのことがない限り、必ず出すようにしましょう。

結婚式に参加してくれた人は、今後もお付き合いをする人がほとんどです。こうした基本的なことをできなければ、
周りから印象が悪くなってしまうこともあります。挙式が終わってホッとしたい気持ちも分かりますが、もうひと踏ん張り頑張りましょう。