まずは知っておきたい結婚式の引出物

まずは知っておきたい結婚式の引出物

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - まずは知っておきたい結婚式の引出物
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
まずは知っておきたい結婚式の引出物マリッジエッジ

結婚式をする時たくさんのことに悩みますが、その中の1つが引出物。最近はカタログギフトが増えてきていますが、カタログ1つとっても種類はさまざま。どんな物がゲストに気に入ってもらえるのか、喜ばれるのか、時間をかけて考えてしまいますね。何を贈るのか考えを巡らせる前に、まずは1度なぜこのような慣習があるのか知っておきましょう。起源は平安時代、宴の席で当時貴重だった馬を庭に引き出して贈ったこととされています。

やがて馬の代わりに武具、近代に入ると食器などの大きく重い物、といった形で贈り物の内容が変化していきました。現在では、貰い手の負担にならない質の良い物が選ばれています。地域によっては古くからの慣習に沿った品を用意する場合もあるため、両親にあらかじめ聞いておくと安心です。また、数については分けられない奇数で用意するのが一般的です。物と菓子の内訳をどうするかは地域によって様々です。

本来はお土産としての意味合いが強かったため、どなたにでも同じ物を用意していましたが、現在は頂くご祝儀額やゲストの性別に合わせて贈り分けをする方が増えています。金額の相場として、披露宴の飲食費の3分の1が目安と言われていますが、先でもお伝えしたように、親族など多くのご祝儀を頂くゲストには違う金額設定にすることが増えています。年代や性別によっても人の好みはそれぞれ。ゲスト全員に喜んでもらうおもてなしとして、ゲストをグループ分けし何を贈るか決めていくのもいいでしょう。

但し多くのグループを作ってしまうと、贈り間違いがある可能性があるので、ほどほどに。贈り分けをする時はランクや物の違いがあることが分からない様、違いが分からない外観にしておくと、貰った側が肩身の狭い思いをしないで済みます。式場によっては後日自宅に配送するサービスもあるので、細かく違いを出す場合や遠方からのゲストが多い場合は、配送を検討しても良いかもしれません。

時間をかけて悩んで決める贈り物ですから、つまずきたくないもの。多くの人に満足してもらえる様、所以や基本を知って渡し方にも配慮してみましょう。

Comments are closed.