「こんな招待状の返し方はいかがですか」

「こんな招待状の返し方はいかがですか」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「こんな招待状の返し方はいかがですか」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「こんな招待状の返し方はいかがですか」マリッジエッジ

親しい友人の結婚式の招待状が届き、普通に返すのもつまらないな?、と思った事がある人もいるのではないでしょうか。
そんな人におすすめのハガキの返し方があります。参加することの喜びの気持ちを、まずは招待状から伝えたい、そんな人は是非参考にしてください。

まずは出席と欠席の欄をまるで囲む際のテクニックです。もちろん出席に丸をするのですが、それだけではつまらないです。実は最近はやっているのは、「欠席」の欄を絵を描いて消してしまうという方法なのです。ただボールペンで囲むだけではなく、出席の周りをイラストやデコレーションで装飾して、「出席」だけ見えるようにすると、非常にかわいらしくおしゃれに見えます。

欠席の文字が見えないという点も非常に重要であり、「あなたの結婚式に欠席するはずがない」という意思をそれとなく示しているというのがポイントです。
ただあまりごちゃごちゃしすぎて、結局出席するのか欠席するのか分からないと、逆に相手は困ってしまいます。「喜んで」などと書くとより分かりやすくなるでしょう。

次にメッセージです。最近はなかなか人に手紙を書く機会が減っております。その分手書きのメッセージは貴重なものとなるのです。心をこめて書くようにしましょう。自分に合った文面で書くのが一番です。本当に親しい間柄であれば、そこまで堅苦しい言葉は必要なく、結婚した事を本当に祝福していることが分かるシンプルなものが吉です。

そして、できれば二人共を祝うようなメッセージが良いとされております。参加する場合は、大抵は新郎か新婦どちらかの知り合いであり、どちらかとは面識がないケースが多いです。そんな時でも、「お二人の幸せをお祈りしております」といった二人に向けたメッセージは必ず入れるようにしてください。

普通に招待状を返すのはなんかイヤだな?と思っている、そんなあなた。ちょっと凝った返し方をして、相手により好印象を与えてみてはいかがでしょうか。
せっかくのお祝いの舞台です。挙式当日だけではなく、最初の返事の段階から気合を入れて、自分も相手も目一杯盛り上げてください。

Comments are closed.