もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
もらったら必ず返信を?結婚式の招待状の返し方について?マリッジエッジ

結婚式の招待状。もらったら了承してそのまま、なんてことにしていませんか?あるいは、普通の手紙と同じように返事を返していませんか?出席するにして欠席するにしても、招待状をもらったならきちんと返事を出しましょう。招待状はしっかりとした手紙ですから、それに応じた返信のしかたというものがあります。

マナーを習った返信を。書き方や返信期限に注意返信用はがきを送り、出席するのかどうかの意思をきちんと示します。人によっては、主賓や乾杯の音頭をお願いされたりもするでしょうから、その意志を示す必要もあります(基本的に、よほどの理由が無い限り、お願いされたら引き受けるようにしましょう)。

招待状を送った新郎新婦にとっては、できるだけ早く出席者の人数を把握したいところですから、返信は早い方がよいです。遅くとも1週間以内には返信するようにしましょう。返信はがきを送る場合、宛名の「行」の字は二重線で消し、代わりに「様」の字を加えましょう。

また、裏面の出欠席の記載についても出席する場合は欠席の文字を、欠席なら出席の文字を二重線で消しておきます。最後に、必ず必要なわけではありませんが、招待状の返事には祝福の一報を、それと招待していただいたことに対する感謝の意を必ず書くようにしましょう。もちろん、主賓を頼まれたなら、「喜んでお引き受けします」と書いておくのもマナーの一つです。欠席する時は理由を書く。

はっきり書きすぎないのがマナー何かの事情でどうしても欠席する時は、できるだけ早く返信して、出席できないという意志を伝えましょう。ただし、あまり直接的な書き方をすると相手方に失礼になってしまいます。結婚式の後も続くような関係であるのなら、欠席の理由の書き方には注意しましょう。

まず、欠席であっても祝福の意は必ず手紙で伝えましょう。それだけで、相手の印象が大分変わると思います。やむを得ず欠席する場合のも、言葉をきちんと選びましょう。できるだけ婉曲的になり、かつ礼を失さないようにするのがマナーとなります。また、出席の返信同様に、返信もできるだけ早くしましょう。

やむを得ず返信が遅れてしまう場合にも、電話を一本入れるなどして、「出席できない」という旨はきちんと伝えるのがマナーになります。

Comments are closed.