招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?

招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
招待状の返事、いつまでに出すのが正解か知っていますか?マリッジエッジ

期限が書いてあるから、それまでに出せばいいんでしょ。というあなた。実は、マナー違反をしているかも!?・返信は、なるべく早めがマナーです結婚式の招待状には返信期限が書いてありますが、期限間近になっての返信は実はNGな行動です。

お祝い事ですので、慶びの気持ちを表すために、少しでも早く返事をするのが良いマナー。できれば招待状が届いてから2~3日以内。難しい場合でも1週間以内の返信を心がけましょう。お仕事の都合をつけなくてはいけない方、体調が思わしくなく出欠を迷ってしまうという方もあるかと思います。

1週間以内に返信が出せないような場合には、電話でその旨をお伝えしてください。どうしても都合がつかず欠席という場合も、まずは電話での連絡を行いましょう。電話ではまず結婚のお祝いを伝え、「予定を調整しているが、もしかしたら欠席になるかもしれない」「やむをえず欠席する」といった用件を伝えます。

その後予定が決まったら、招待状の返信を忘れずに。・返信の書き方は?招待状の返信は、ゲストに対して敬語で書かれています。そのままで返信すると、自分に対して敬語を使う事になりマナー違反。面倒なようですが、「御(ご)」「御芳」といった敬語は2本線で消して返信しましょう。

このとき、2本線の代わりに「寿」の文字を書いて消すとよりベターです。出席の場合は○でかこみ、「慶んで」「させていただきます」などの言葉を。メッセージ欄や空きスペースには「花嫁姿を楽しみにしています」「ご招待ありがとうございます」などのメッセージを書き添えると丁寧です。

このとき、「ご欠席」の字は2本線で消します。欠席の場合は「欠席」を○でかこみ「どうしても都合がつかず、申し訳ありません。お2人のご多幸を心よりお祈りしています」などのメッセージを添えましょう。

本来はマナー違反になりますが、最近ではごく親しいお相手で返信宛先が新郎新婦本人になっている場合には、イラストを書き添えるという方が増えているようです。「欠席」を2本線で消す代わりに可愛らしいイラストで隠してしまうといった工夫も。お相手との間柄が近しい場合は、素敵な記念になりそうですね。

Comments are closed.