ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナー

ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ゲストをお呼びする大切な招待状の書き方、送り方のマナーマリッジエッジ

招待状の返信の仕方は、いろいろマナーがあるけど、逆に招待する側としてのマナーはいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。ゲストをお招きする大切なイベントですから、失礼なく招待したいものですよね。いつ送ればいいのか、どういった内容で送ればよいのか、事前に調べて、きちんと招待できるようにしましょう。

《挙式の2カ月前に送りましょう》
挙式、披露宴の2カ月前に送るのが一般的とされています。相手方の都合もありますから、あまり急なタイミングでは返信をせかすようですし、すでに予定が入っているという場合に相手に余計な気を使わせてしまいます。送る日にも気を使いたいものです。大安や友引といった日を選ぶと、見えないところで気配りができる点が、わかる人にはわかるものです。招待する相手が、すでに結婚しているという場合は、連名でご家族を招待します。招待は世帯ごとで連名にするようにして、例えば、2世帯同居の場合は、それぞれの世帯へ送ります。世帯主を代表として、連名には令夫人、またはご家族様としましょう。令夫人は、奥さまの名前がわからない場合に使いますが、名前がわかっていれば、そちらを使いましょう。名前を書く場合は、送る前に漢字があっているかをよく確認したうえで送りましょう。

《ひと手間加えて、素敵な式を演出しましょう》
2人の門出を祝ってくれるゲストには、心から式を楽しんでほしいものですが、それは式当日だけでなく、お誘いするところから心がけましょう。既製品のものでも良いのですが、一通ずつ、新郎新婦の気持ちを込めたいものですよね。様々な趣向を凝らして、ゲストに喜んでもらえるデザインやひと手間加えたものがやはり人気です。新郎新婦の人柄がわかるような写真付きのものであったり、封筒やはがきにちょっとした仕掛けを施すことでも、招待を受けたゲストは、お2人が幸せな結婚式を迎えようとしていることを知り、幸せを感じてくれることでしょう。また、本来であればゲストに送る招待状ですが、家族や親戚に送るのもありです。家族もまた、お2人の結婚を心からお祝いしてくれるのですから、記念として手元に置いておきたいという気持ちもあるのでしょう。なんにせよ、多くの方に祝ってもらえる大切な式であると同時に、ゲストや家族へ感謝の気持ちを伝える場への招待ですから、心を込めたものが送れるよう、心がけてください。

Comments are closed.