【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】

【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
【あるとなしじゃ大違い?!必ず出したい「結婚式のお礼状」】マリッジエッジ

結婚式が無事に終わったら、参列してくれた人に「お礼状」を出しておきたいもの。結婚式後は、式が終わった解放感と新婚旅行や慣れない生活でバタバタしがちですが、お礼状は是非押さえておきたいマナーです。今回は色々なお礼状の書き方を紹介したいと思います!【そもそも「お礼状」って必要??】結婚式に参列した後、心のこもったお礼状が届いて嬉しくなった経験はありませんか?逆に結婚式に行ったけれど、その後何の連絡も無いと「もしかして人数合わせだったのかな…」と悲しくなってしまうことも。

参列してくれる人は、お金をかけて時間をかけてお祝いに駆け付けてくれています。その御礼をきちんとした形で伝えることは大人として大切なマナーですよね。フランクな友達であっても、遠くの親戚であっても、感謝の気持ちは是非伝えましょう!【立場によって書き分けてOK!!】結婚式の「お礼状」いったいどう書けばいいの?と思った人は、相手の立場によって書き分けると内容を考えやすくなります。自分より目上の会社関係の人、親戚の人などには礼儀正しいきちんとした文面を書くようにします。

拝啓から始まり、時候のあいさつ、お礼、今後の抱負を述べましょう。新婚カップルに対して「これからも何か支えになりたい、協力したい」と思わせる内容にするのがポイント。差出人は二人連名で、結婚式をした二人からのお礼にすることが大切です。親しい間柄の場合はメッセージカードでも大丈夫。イラストや写真入りだと喜ばれます。砕けた内容でも感謝の気持ちをしっかり書いてくださいね。【特にお礼を伝えるべき人って??】結婚式で何かをお願いした人は、お礼状でもその件に触れておきましょう。

主賓やスピーチ、受付や二次会幹事、余興をお願いした人には、当日感謝の意を伝えていたとしても改めてお礼状で気持ちを伝えます。こういった人たちの協力があるからこそ、結婚式は挙げられるものです。結婚式のお礼状は、義務として考えたのでは内容が薄っぺらいものになってしまいます。大切なのは「感謝の気持ち」。受け取った相手が笑顔になるような素敵なお礼状を書けるといいですね!

Comments are closed.