「お礼状は早めに出すことが大事」

「お礼状は早めに出すことが大事」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「お礼状は早めに出すことが大事」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「お礼状は早めに出すことが大事」マリッジエッジ

結婚式が終わった後もやらなければならないことがあります。それはお礼状を出すことです。
参加していただいた方に、なるべく早めに出すことが大事だとされております。
これは、出席したことへの感謝を述べるものであり、こういったものは早く行うのがマナーです。
挙式後に新婚旅行に行く方もいらっしゃいますが、旅行先から絵ハガキなどで出すか、帰ってきたらすぐに書くようにしましょう。

では、実際に書く時はどんなことに注意すればよいのでしょうか。実はそこまで堅苦しいルールやマナーなどはありません。
大切なのは、参加いただいた事に対しての感謝の気持ちと、二人とも喜んでいる事、そしてこれからもお付き合いしてほしいと伝えることです。
インターネットなどで、文例や例文は載っております。

もし不安がある人はそういった形式に沿って書くのがよいかもしれません。ただし、親しい方に対してあまり堅苦しい文章になると、感謝の気持ちが伝わりにくくなります。

参考にするのは冒頭の挨拶文程度にし、その後は自分の言葉で書くのが良いでしょう。書く時は必ず手書きにしてください。
近年はパソコンで文章を書く機会が多いのですが、お礼状は手書きがマナーです。利用するのは便箋でもハガキでも、どちらも問題ありません。

正式なものは便箋に縦書きをするものですが、これは主賓の方だけでも大丈夫です。
親しい間柄の方であれば、横書きでもハガキでも構いません。

先ほども書きましたが、大切なのは自分の感謝の気持ちを相手に伝えることです。自分らしい字で丁寧に書けば、それだけ相手にも気持ちは伝わるものなのです。
そして、最後の連名は必ず二人の名前を入れるようにしてください。お礼状を出すか出さないかで迷う人もいらっしゃいますが、よほどのことがない限り、必ず出すようにしましょう。

結婚式に参加してくれた人は、今後もお付き合いをする人がほとんどです。こうした基本的なことをできなければ、
周りから印象が悪くなってしまうこともあります。挙式が終わってホッとしたい気持ちも分かりますが、もうひと踏ん張り頑張りましょう。

Comments are closed.