結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずに
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式の画竜点睛。お礼状をしっかりと送るのを忘れずにマリッジエッジ

挙式するまでが「結婚式準備」ではない結婚式は挙式前にいろいろと準備が必要になるイベントでもありますが、挙式が終わった後にも仕事が残っています。招待状を送って、会場のテーブルや料理のメニューをそろえて、主賓や乾杯の音頭を取る人を決めて、と言った前準備も大切です。

実際の式場できちんとスピーチをしたり、参列者に声をかけてまわるのも必要です。もちろんそれはそれで大変な部分もあるのですが、それで終わっては参列者にとって失礼になってしまうかもしれません。出席者の中には礼節にこだわる方もいるでしょうから、後味が悪くならないためにも、その点はぬかりなく進めていきたいものです。そのための配慮の一つが、お礼状を送るというものです。

主賓の方や仲の良い友人など、式に招待した中でも特に自分たちにとって近しい人たちに、出席してくれた感謝を込めて、お礼状を送るのもマナーの一つです。当日きちんとお礼したし、引出物も渡したから大丈夫だろうと考える人もいるかもしれませんが、形式としては重要なのでしっかりと行うようにしましょう。

それぞれの人にふさわしいお礼の言葉を。記念写真などを同封するのも大切お礼状を送る人にもいろいろな人がいますから、それぞれに送る言葉はしっかりと使い分けたいところです。家の近い知人であれば、「これからもよろしくお願いします」という言葉を、昔の先生であれば「先生の言葉を忘れずに」と言った訓示の言葉を、あるいは親しい友人であれば、「これからもよろしくね」という言葉を送りましょう。

どちらにしても、結婚はゴールではなくてスタートですから、新しく始まる人生を潤沢にするために、これからお世話になるであろう人たちに「これからもよろしくお願いします」という気持ちを伝えるのが大切です。また、結婚式での記念写真などを同封するのも心遣いとして大切です。思い出として相手にも自分たちのことを覚えていてもらえますし、実用的な引出物だけでは味気ない部分もあります。

言葉だけでは伝えきれない幸せな気持ちを、写真を通じて伝えましょう。そして、乾杯の音頭を取ってくれたかた、主賓を務めてくれた方などには、とりわけその感謝を伝えるようにしましょう。

Comments are closed.