喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状

喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
喜ばれるものを送りたい、結婚祝いのお礼状マリッジエッジ

結婚式に来てくれたゲストの方へ、また当日は式に参加できなかったけど、祝ってくれた親戚や友人に、感謝の気持ちを込めてお礼状を送りましょう。式が終わったからといって、そこでおしまいというわけではありません。式に参加してくれた方へのお礼、式に参加できなかった方に、無事に式が終わったこと、祝電やスピーチをしてくれた方へのお礼など、やることは意外と多いのです。どうしても式そのものの準備もあり、お礼の手紙をしたためるのは遅れがちになりますが、式の前から、できる限りの準備は行っておきましょう。結婚式のあとで、そのまま新婚旅行に出掛けられるという場合は、旅行の期間にもよりますが、新婚旅行の様子などもお伝えできると良いと思います。

《式へ参加してくれた方へ送る場合》
式へ参加してくれた方には、参加してくれたことのお礼を述べる手紙をしたためましょう。季節の挨拶とともに、忙しい中、式に参加していただいたことへのお礼。また、これから温かな家庭を築く事を表明し、その中でもお世話になるであろう旨を書きます。署名には、2人の連名を書き添えます。文章だけのはがきでも構いませんが、最近では写真入りのものも増えてきていますから、式当日の様子がわかる写真で飾るのもよいでしょう。

《式に参加できなかった方へ送る場合》
式に参加できなかったという方へも、お礼は欠かせません。ご祝儀をいただいている場合、引出物をお渡しできていないと思いますので、記念の品も送りましょう。可能であれば、直接手渡しするとよいでしょう。式が無事に終わったという事と、今後ともお世話になることをお伝えします。

《特別な方への感謝も忘れずに》
式に参加してくれたゲストの方はもちろんのこと、そのほかにも、仲人や主賓、祝電をいただいた方へは、ほかのゲストとは違った形でお礼を申し上げるのが通常です。特に、会社の上司や目上の方には直接挨拶に行くとよいでしょう。また、意外と忘れがちなのが結婚式会場の関係者へのお礼です。式を準備してくれたスタッフやプランナーの方へは、はがきとともに手土産を持参しましょう。多くの方の協力の下、無事に式が挙げられたことを実感すれば、今後の結婚生活へ弾みがつくというものです。

Comments are closed.