「招待状の返し方」

「招待状の返し方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「招待状の返し方」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「招待状の返し方」マリッジエッジ

結婚式の招待状の返事をする際のマナーをご存じでしょうか?出席か欠席に丸をして、一言コメントを書いてだすだけなので、そこまで気に留めないかも知れません。
しかし実は知っておかないと恥をかいてしまう可能性があります。基本的なことから説明していきたいと思います。

まずは期限です。たいてい返信期限が記載されているものですが、やはり早めに出すのがマナーです。
遅くとも到着してから1週間以内には返信するようにしましょう。結婚式の準備は何かと時間もかかりますし、
大変な作業です。せめて人数は早めに決まるように、協力してあがる必要があります。いくら親しくても、電話やメールで出欠を伝えるのはやめましょう。

ただ、もし期限以内に返信できない場合は、その旨を先方に伝えるのは問題ありません。最終的な出欠は必ずハガキで返信するのがマナーとなります。

次にハガキの記載の仕方です。書く時は、必ず黒色のものを利用しましょう。万年筆でもボールペンでも構いません。
出席か欠席のどちらか一方を選んでまるで囲みます。出席する際は、喜んでと一言添えるとより好印象です。
余白にメッセージを書き添えることで、よりお祝いの気持ちが相手に伝わります。

逆に欠席する場合は、すぐに返信するのはよくありません。ハガキが到着してから数日待って返信しましょう。
ハガキには、お祝いの言葉と欠席の理由、そしてお詫びの言葉を記載するようにしましょう。欠席の理由は、多忙だからというのは失礼にあたるので避けましょう。
もし身内に不幸があったなどの少し暗い理由があれば、はっきりと書かずに少し濁して書きましょう。

そして、ハガキの宛名の最後の「行」は「様」に変更してください。
御や御芳といった言葉は、自分に対する敬語なので、返信する時は二重線か斜線で消すのがマナーとなります。

いかがでしたか?知っている人がほとんどだと思いますが、これから初めて結婚式に参加する人は、
返事の返し方の基本となる事なので、是非参考にしていただければと思います。

結婚式はいろいろと知っておかなければならないことがあるのですが、まずハガキの返し方から覚える必要があるのです。

Comments are closed.