好感度アップな招待状の書き方

好感度アップな招待状の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 好感度アップな招待状の書き方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
好感度アップな招待状の書き方マリッジエッジ

結婚式の招待状を書く場合、書く側の気配り一つでいろいろな工夫が可能となります。基本的には祝いの席になるわけですし、多くの人に来てもらいたいと思うもの。その工夫で出席者の人数が劇的に変わったりはしないかもしれませんが、「行ってみたいな」と相手方に思ってもらえるように、手紙の書き方をこだわることはできるはず。せっかくの挙式ですから、そういう点にこだわってみるのも悪くはないはず。

ここでは、結婚式の招待状の書き方のコツについてご紹介します。送る相手の気持ちになって書く招待される相手にもいろいろな方がいます。高齢の方やすでに結婚されている方、昔の恩師、今はそれほど会えていない昔の親友など、さまざまです。基本的な内容はそれほど変わらないかもしれませんが、相手の窮状に応じていろいろな言葉を付与していくと、相手の印象も変わっていくかもしれません。

例えば、遠方から招いた人には式場の地図以外にも最寄り駅や道順などを記載しておくとか、あるいは一人で出席される人のために、近い人や趣味の合いそうな方を紹介しておくとか、そういう配慮です。当時の料理の紹介やドレスコードなども記載しておくといいかもしれません。

結婚式は初めてという方、お子さま連れの方、さまざまな事例に対して配慮できるようにしておくのが招待する側のマナーだと言えるでしょう。招待状のデザインなどにもこだわってみるまた、結婚式の招待状としてできるのが、はがきのデザインやレイアウトを凝ってみるということです。

葬儀などとは違って祝福の席となりますから、できるだけ華やかに演出するにこしたことはありません。ハガキ本体はもちろん、封筒などのレイアウトを一風変わったもの、華やかなものにデザインすることによって、送られる相手の印象や返事の内容も変わってくるものです。

いずれにしても、一生に一度あるかないかの機会ですから、「こうしたい」という自分たちのビジョンはいくらでも試していけるはずです。プランナーの方と相談してみたり、経験者からアドバイスを聞いてみたりで創意工夫の幅も出てくるはずですから、できるところはどんどんこだわっていって、招待した人にも幸せになってもらえるような結婚式を演出しましょう。

Comments are closed.