まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信

まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
まじめに?かわいく?結婚式招待状の返信マリッジエッジ

お祝いの席へのご招待を頂いたら、どうしますか?最新の招待状返信事情をご紹介します。まずは、基本のマナー返信の期限間近になって「忘れていたけど、間に合った!」は実はNGです。お祝い事ではなるべく早くお返事するのがマナーですので、くれぐれも忘れないように早めの返信になるよう気を付けましょう。

お返事を書く際、「御(ご)」「御芳」は、あなたに対しての敬語のため、そのままですと自分に敬語を使う事になってしまいますので、横2本線で消します。出席の場合には「出席」を○で囲み、「慶んで○させていただきます」など書き添えると丁寧です。

この場合は「ご欠席」も2本線で消します。余白やメッセージ欄には「花嫁姿を楽しみにしています」「お幸せに」など、お祝いのメッセージを。忘れてしまいがちなのは、裏面の宛先。宛先となる方のお名前の下に「行」と書かれていると思います。これは相手方の謙譲語になりますので、二本線で消し「様」と書き直しましょう。

親しい友人には、少しマナー違反だけれど可愛く素敵な返信の仕方も通常はただの二本線で「欠席」や「御」の字を消しますが、最近では親しい友人への返信では素敵な絵やシールで欠席の字を隠すのが流行っています。欠席の字がなかったように隠してしまえば、よりお祝いの気持ちが高まりますね。オシャレで大人っぽいお友達ならシンプルシックなイラストを。新郎新婦が好きなキャラクターの絵を書き添えたり、ストーリーのある絵柄にしてみたりと、手間暇はかかりますがとてもオシャレで、お互いに良い記念になります。

絵の苦手な方は、かわいい柄のシールやマスキングテープで飾っても。ただし、絵を書き添えるのは本来はマナー違反になりますので、どなたへの返信でもしていいのではなく、親しい友人からの招待で、返信宛先が新郎新婦本人という場合のみにしくのが無難です。返信の宛先が新郎新婦のご両親という場合や目上の方からのご招待という場合には、マナー違反が嫌がられる事も考えられますので避けた方が良いでしょう。返信はお祝いの第一段階。マナーを優先するか、オシャレに記念になるよう工夫するかは、新郎新婦との普段の関係で判断してください。

Comments are closed.