出欠返信にもマナーは大事

出欠返信にもマナーは大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 出欠返信にもマナーは大事
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
出欠返信にもマナーは大事マリッジエッジ

結婚式に呼ばれると一番最初に考えるのが、いけるかどうか。女性の場合なら洋服が一番かもしれませんが、予定が合わなければどれだけ行きたくても行くことはできません。招待状が届いたら返信は2~3日のうちにしましょう。予定の調整のためでも1週間以内には返事をする必要があります。

これは新郎新婦は確定した出席者によって、必要な食事の数やテーブルのグルーピングなどするため、遅れると大変迷惑になります。また出欠は必ず返信用のはがきをだしましょう。どれだけ親しいから、もしくはそんなに仲良くないのでと思っていても、電話やメールで伝えるのはマナー違反です。

招待状にはほとんどの場合返信用はがきがついているのですが、返信の仕方にもマナーがあります。正式な文書は、毛筆、筆ペン、もしくは黒の万年筆を使うことが礼儀とされています。最近では水性の黒色のボールペンもいいとされていますが、見た目があまり美しくないためおすすめはできません。

もちろん、青やグレーなどの色のものはマナー違反です。そして、返信用はがきのあなたの名前の上には必ずと言っていいほど、「御」や「芳」がついています。それは二重線で消します。漢字一文字の場合は斜めの線で、そして二文字以上の場合は縦線で消すのが正しいです。決して×マークや塗りつぶしたりしないようにしましょう。

そして忘れがちなのは、宛名の下には「行」と書かれているので、それも二重線で斜めに消し、「様」に治しましょう。表のあて名のほうは、忘れがちになるのでしっかりと確認しましょう。そして単に出欠の返事をするだけではなくお祝いのメッセージも余白のところに書きます。

宛名が両親の場合には、親にあてたメッセージなども記しましょう。残念ながら結婚式に出席できない場合、お詫びの言葉を添えて、簡単に欠席の理由などを記すのもいいかもしれません。返事の仕方一つにもマナーが求められるため、お祝いの気持ちを込めて返信しましょう。

Comments are closed.