意外と知らない結婚式の招待状の返事マナー

意外と知らない結婚式の招待状の返事マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 意外と知らない結婚式の招待状の返事マナー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
意外と知らない結婚式の招待状の返事マナーマリッジエッジ

結婚式の招待状が届いた場合、口頭や電話ではなく、きちんと返事しなくてはいけません。ただし、ただ単純に返信すればよいというわけではありません。そこには守るべきマナーがありますので、そのマナーを踏まえた、きちんとした返信を心がけましょう。式に参加するうえで、新郎新婦の門出に、祝いの意思を伝える最初のイベントでもありますので、気持ちの伝わる返信を心がけましょう。

《出席する場合の書き方》
御出席・御欠席とありますが、出席の場合、御出席の「御」と「御欠席」には、2重線を引いて消すのは有名ですが、そのほかにも消す文字があることをご存じでしょうか。参加者であるあなたの住所や名前を書く欄には「御住所」や「御芳名」とあると思いますが、こちらの「御」や「御芳」も2重線で消しておくようにしましょう。式に誘っていただいたことに対して、誘っていただいたことに感謝を込めて、参加させていただくことを伝えましょう。出席のあとに、「させていただきます」であったり、出席の前に「喜んで」を加えて、文章とする場合もありますが、相手方が書いた字を利用するのは失礼ですから、出席に丸をしたうえで、あらためて「喜んで出席させていただきます」としたほうが良いでしょう。その際に、お2人の結婚を祝福する言葉と、一言添えると喜んでいただけるでしょう。

《欠席する場合の書き方》
欠席する場合も、「御出席」や「御」、御住所の「御」、御芳名の「御芳」を2重線で消しておくのはもちろんですが、大切なのは欠席することを一言添えておくこと。2人が結婚するという事を祝う言葉と、式に招待していただいたことの感謝の気持ちを書き添えます。そのうえで「やむを得ない事情により欠席させていただきます」と添えましょう。欠席の理由をこまごまと書く必要はありませんが、参加したかったけど、参加できない旨を伝えます。ただし、参加しないからと言って、それっきりというわけにはいきません。なにか気の利いた品を贈るのもありですが、返信とは別に式当日に届くように、お2人の結婚を祝う内容の祝電を送り、お2人の今後の結婚生活を祝う気持ちを伝えましょう。きっと、新郎新婦に喜んでいただけるはずです。後日、改めて挨拶に伺い、ご祝儀か、それ相応の祝いの品をお渡しするという事も忘れないようにしたいものです。一般的に、欠席の場合、渡す予定だったご祝儀の2分の1か、3分の1の金額、品を贈るとされていますが、あくまでも一般的なものですので、金額や内容にはとらわれず、心を形とすることが大切です。

Comments are closed.