【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】

【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
【結婚式の招待状が来たら…?!品ある「返事」マナー】マリッジエッジ

結婚式の招待状が来たら「必要事項だけ書いてポストに投函」はNGです!今回は大人のマナーとして知っておきたい招待状の返信のしかたと、知っておきたい+αの知識を紹介したいと思います。【招待状が来たら、”すぐに”返事を!!】結婚式の招待状が来る前に、ほとんどの場合結婚するカップルから直接連絡が来ていることと思います。そのため招待状が来ても、「出席するってもう伝えてあるし…」とついつい返信が遅くなりがち。

でもおめでたい良き日の招待状だからこそ、その祝福の想いを「早く返事を出す」ことで相手にしっかり届けましょう。【押さえておきたい基本的なこと】結婚式の招待状が届いたら、丁寧な「返事」をしましょう。ペンの色は黒。本来は万年筆や毛筆ペンがベストですが、それでなくても失礼ではありません。ただしボールペンは避けましょう。こういった時のために、良くインクの出る書きやすいペンを持っておくと何かと重宝しますよ。

招待状の返信は”御出席”または”御欠席”の該当する方の”御”の部分を二重線で消し、出席か欠席を丸で囲みます。該当しない方は全て二重線で消しましょう。”御住所”の”御”の部分、”御芳名”の”御芳”の部分も忘れずに消します。返事の相手の宛名の”行”の部分を消し、”様”に書き直すことも忘れないようにしましょう。【+αで心がけたいことって??】空いている部分にお祝いの言葉を書き添えます。その際句読点を付けないほうが良いとされています。

「縁が切れてしまう」という事を意味する「、」や「。」は昔お祝いごとに使うのを避けされていました。返事は結婚する二人が目にし、また場合によっては相手の親が見る機会もあるかもしれません。フランクすぎず丁寧な返事を心がけましょう。小さなものであれば上品なシールやスタンプを付けてもOK。そのひと手間がとても喜ばれますよ。結婚式招待状の「返事」は小さいことのようで、しっかり対応したいとても大切なことです。

ご招待を頂いた際には、マナーを守って、おめでとうの気持ちがきちんと伝わるように、相手を祝福してあげましょうね。

Comments are closed.